忍者ブログ

534570bf.jpeg私が一番好きな現役ジャズ・ピアニストは実はケニー・バロンなのだが、彼のニューアルバム『マイナー・ブルース』(ヴィーナス・レコード)がつい先日発売されたのでご紹介。
参加メンバーは ケニー・バロン(p)、ジョージ・ムラーツ(b)、ベン・ライリー(ds)

ケニー・バロンは現在66歳で、このところアメリカのメジャー・レーベルであるヴァーヴと契約してきたが、この度ヴァーヴとの契約が切れヴィーナス・レコードに移籍、これが移籍後初のアルバムとなる。
ピアノ・トリオに定評のあるヴィーナス・レコードということもあって、今回は全曲ピアノ・トリオ編成というのがミソである。

ケニー・バロンの本領を最大に発揮するのは間違いなくピアノ・トリオだと思うが、近年ヴァーヴから発表されたアルバムは企画ものが多く、純粋なピアノ・トリオ・アルバムは意外と少なかった。
それだけに今回のトリオ・アルバムは嬉しい。

9dec3846.jpegケニー・バロンは晩年のスタン・ゲッツの伴奏を務めたことでも有名だし(ゲッツとのデュオアルバム『ピープル・タイム』は名盤)、海外での評価も高いが、80~90年代にメジャー・レーベルからアルバムを出してこなかったせいか(マイナーレーベルの輸入盤はあり)、来日回数が多い割に日本では知る人ぞ知る存在なのが惜しい。

ケニー・バロンの生演奏は10年ほど前にベースのチャーリー・ヘイデンとのデュオを青山のブルーノートで聴いたことが一度あるのだが、素晴らしい美音にとにかく圧倒された。
どちらかというと音数の多いピアニストであり、黒人のわりには黒っぽさが薄い音だが、感興の趣くままに溢れ出るフレージングは実にセンスが良く、あくまで自然体の演奏が魅力的なピアニストである。

ところで今回のニューアルバムだが、CD1枚2800円と常に思うことだがヴィーナス・レコードのCDは価格が高い。
ケニー・バロンのニューアルバムとあっては話が別なので貧乏覚悟で購入したが、それからは当然のごとくヘヴィー・ローテーション状態。
内容も期待に違わず素晴らしい出来だ。

日本のレコード会社製作のアルバムらしくスタンダードナンバーが多いのはご愛嬌として、個人的に好きな②『ビューティフル・ラブ』などのスタンダードと自作を上手く絡めた選曲も魅力的であるし、メンバー3人の絡みも実に息が合っている。
録音も良く、聞き流しても、一音一音に耳を澄ましても楽しめるピアノ・トリオ・アルバムに仕上がっていると思う。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[364] [363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355] [354]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ