忍者ブログ

溝口健二監督の『近松物語』を国内盤DVDで観た感想。

6bee5c0e.jpeg近松物語』(54年)
監督:溝口健二
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
音楽:早坂文雄
出演:長谷川一夫、香川京子、南田洋子、進藤英太郎、小沢栄、菅井一郎、田中春男、石黒達也

再見。
タイトルだけ見ると、まるで近松の生涯を映画化したもののように思えてしまうが、内容は近松原作の浄瑠璃『大経師昔暦』(だいきょうじむかしごよみ)を脚色、映画化したもの。
この作品は近松の浄瑠璃作品としてはさして傑作とも思えぬし、歌舞伎文楽ともに上演回数もさほど多くないが、この映画は優れた脚色、演出によって、世界に冠たる作品に仕上がった。

もちろん、近松、とりわけその世話物は映画や歌舞伎よりも文楽、つまり人形浄瑠璃で観る(聴く)のがベストである。
近松の作品の多くがその意図で書かれているのだから当然といえば当然なのだが、役者などの生身の人間が近松のキャラクターを演じる場合、あまりに生々しくなってしまう点に違和感を感じてしまうのだ。

その意味で、この作品における長谷川一夫はあまりに美男過ぎ、色気があり過ぎて、当然近松の人物像からははみ出しているが、抜群の所作の美しさによって、そういった価値観を当てはめること自体意味のないことのように思わせてしまう。

bf28b07d.jpegそして、この映画がなにより素敵なのは、なんといっても、おさんを演じた香川京子が魅力的だからだ。
近松のキャラクターという意味においては、彼女ですら無理が感じられる部分も当然あるのだが、とにかくこの作品での彼女は美しい。
このおさんを観るだけでもこの作品は価値があると思ってしまう。

ところどころに響く太棹の音色も印象的であり、宮川一夫の撮影も美しい。

PR
●『夜の女たち』(48年、監督:溝口健二、出演:田中絹代、高杉早苗)

戦後、夫と子に先立たれた一人の女性が、実の妹と再会し…という大阪を舞台にしたお話。
溝口作品は歯応えがあるので、観るのにちょっとばかり勇気が必要です。
これは、これまで未見だった作品ですが、やはりというべきか、想像以上の歯応えでした…。
この容赦ない世界観、サディスティックな描写は凄い…。
公開当時は、田中絹代がパンパンを演じるということで話題となった作品のようですが、映画の前半ではノーマルないつもの彼女が観られるので、今観ても、その変身ぶりに驚かされます。
やっぱり大した女優ですね。

引き続き、最近観た映画のメモです。

●『祇園の姉妹』(35年、監督:溝口健二、出演:山田五十鈴、梅村蓉子)

祇園を舞台に、芸者の日常を描いた作品。
正規盤のDVDで観ましたが、残念ながら20分以上のカットがあるとのことです。
しかしながら、作品は素晴らしい。
なんといっても、若かりし山田五十鈴の魅力が凄い。
やはり同じ溝口作品で、同じ年に撮った『浪華悲歌』によって、女優開眼したと言われる彼女ですが、私個人は、『浪華悲歌』よりも『祇園の姉妹』の彼女の方をずっと魅力的に感じました。

HOME
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ