忍者ブログ
SEIKO JAZZ』については発売間もない頃に簡単な感想を書いた。(リンク

それ以来、ほぼ毎日のようにこのアルバムを耳にしている。
主に通勤時間を利用して、だいたい一日1~2回は聴いているはずだ。
回数的には40~50回くらいは聴いた計算になるだろうか。
聖子さんに限らないが、一枚のアルバムをここまで聴き込んだのはいつ以来だろう。
ラストの『星に願いを』が終わると、つい1曲目の『スマイル』から聴き返したくなってしまうのである。
全くスルメのような音楽であり、このアルバムを聴いている時間は私にとって至福としか言いようがない。

今回のアルバムで改めて感じたことは、聖子さんの声がなんとも魅力的に録られているということだ。
”録られている”というと、何か録音で特殊な加工がされているのかと思われる向きもあるかもしれないが、決してそういう意味ではなく、何の変哲もないありのままの聖子さんの声が、素晴らしい楽曲に乗った時に実に魅力的に響くという、ごく当たり前のことがここに記録されているに過ぎない。
それがなんとも素晴らしい結果をもたらしているのだ。

聖子さんとて55歳、若い頃のような高音は確かにもう出ない。
しかし、それに代わって、中音域、低音域が実に魅力的な音色となって醸成されてきたことがこのアルバムを聴くとよく分かる。
現在の聖子さんの声とその音域が、このアルバムに収録された楽曲にぴったり合っていると同時に、ジャズという音楽の雰囲気に実によく溶け合っているのだ。

今の聖子さんの声にはジャズがよく似合う、そう感じたのはいつ頃からだろうか。
2012年の『東京JAZZ』でのボブ・ジェームスとの共演も素晴らしかったし、近年の夏のコンサートツアーで『SWEET MEMORIES』がジャズ色が強いアレンジで歌われているのも大きかったかもしれない。

どんなアルバムでも、つまらなかったり、物足りなさを感じる曲が何曲かはあるものだが、このアルバムに関しては1曲もない。
捨て曲なしという表現がここまで相応しいアルバムも珍しい。
噂によると秋にはジャズナンバーを中心としたコンサートも予定されていると聞く。
聖子さんのこの新たな路線がどう展開していくか、本当に楽しみである。

PR
松田聖子ジャズアルバムを発売! 

個人的には待望としか言いようがないプロジェクトであり、こうして現実化したことが今でも信じられない。  
もっとも、いきなり結果を求めるのは酷かとも思ったが、これはアルバムとして期待以上の出来栄えである。 
いや、間違いなく素晴らしい内容であり、あえて言えば、聖子さんが新たな金字塔を打ち立てたと言っても過言ではないと思う。

なにより選曲が良く、歌唱、アレンジ、演奏等、一曲一曲が高水準に仕上がっている。
聖子さんもとても丁寧に歌っているのが印象的。
アルバム全体の曲調も今の聖子さんの声質、音域に合っており、無理がなく安心して音楽に浸れる。

聖子さん自身”エレガントなジャズ”を目指したとかで、全体的にストリングスが目立つのが特徴。
言うまでもなく、ストリングスが入っているからジャズらしくないというわけではない。
イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ』を始めとするフランク・シナトラの黄金期のキャピトル時代のバラード・アルバムにストリングスはことごとく入っているし、ジャズ・ヴォーカルの名盤であるナット・キング・コール恋こそはすべて』、ビリー・ホリデイレディ・イン・サテン』、リー・ワイリーナイト・イン・マンハッタン』、ジョー・スタッフォードニューヨークの秋』といったところもストリングスの印象が強いアルバムである。 
一言でジャズといっても、エラ・フィッツジェラルドサラ・ヴォーンカーメン・マクレエといった黒人たちの圧倒的なジャズ・テイスト、テクニックは望むべくもないのだから、この路線で正解だろう。

もっとも、これがジャズアルバムなのか?という疑問はないでもない。
選曲もジャズ・スタンダードよりもポピュラーに傾きがちで、歌唱法的にもジャズのセンスはあまり感じられない。
こういう話を始めると、どうしても”ジャズ・ヴォーカルとか何か?”という問題に行きついてしまうのであるが、私自身、答えはこれだという確たるものがあるわけではない。
例えば、ノラ・ジョーンズがジャズ・ヴォーカルか否かというのも人それぞれ考えは異なるだろうし、結局、聴く人それぞれの感性次第ということになってしまう気がするのだが、この『SEIKO JAZZ』はジャズっぽさは今一つながら、ところどころに”らしさ”が感じられることもまた事実である。

もちろん、問題はジャズであるか否かということよりも、音楽として良いか否かである。
例えジャズであってもつまらないものは世の中にいくらでもあるし、ポピュラーであっても素晴らしいものはたくさんある。
”ジャズであるか否か”だけを良し悪しの判断基準にすることは間違っているだろう。

その意味において、これは大変に魅力的なアルバムであることは間違いない。  
誰もが一度は耳にしたことのある、もしくは聴きなれた曲が並んでいるが、ジャズ風のアレンジを施されることによって一曲一曲が驚くほど新鮮に響く。  
それは当然聖子さんの歌唱についても言える。

実はこのアルバムで印象的なのはいわゆる聖子風でない歌唱ではないかと思う。 
とりわけ『イパネマの娘』、『マシュ・ケ・ナダ』は出色で、これまでの聖子さんの歌唱とはだいぶイメージが異なるが、これがなんとも魅力的なのだ。 
無謀とも思えた『ドント・ノー・ホワイ』への挑戦も実に魅力的に仕上がっているし、なんといっても感動的な『追憶』・・・。
まったく聖子さんの懐の深さというか、奥深さには本当に驚かされる。

せっかくだからビッグバンドでスイングする聖子さんや、ピアノトリオなど、スモールコンボだけの伴奏でしっとり聴かせる聖子さんも聴きたかったが、最初からそれはさすがに無い物ねだりか。 
まぁこのプロジェクトが続いていけば、おいおいそういった要素も加味されてくるであろう。
このアルバムでは使われていないようであるが、ジャズ・ギターヴィブラフォンなどと聖子さんの声の組み合わせも是非聴いてみたい。
おそらく相性は良いと思う。

とにかく、これは聖子ファン、ジャズ・ファン(?)にとって(アルバム単位としては)久々の話題作であり、一聴の価値のある素晴らしいアルバムであると思う。

前回久々に聖子さんの記事をアップしましたが(記事自体はかなり前に書いたもの)、そんな中、驚愕のニュースが飛び込んできました。

聖子さんの初のジャズアルバムSEIKO JAZZ』が3月29日に発売されます。

これは本当に嬉しいですね。
私自身ジャズ・ファンということもありますが、今の聖子さんのヴォーカルスタイルにはジャズがとてもよく合うような気がするからです。
”松田聖子 in ジャズ”は実はこれまでもファンの間では密かに噂されていましたが、こうして実現してみると改めて大きな驚きと喜びを感じますし、デビュー37年目(!)にしてこのような新しい挑戦をする聖子さんを本当に素晴らしいと思います。

例によって3種類のCDが発売されますが、今回はどのジャケットも素晴らしい!


25th Anniversary Seiko Matsuda PREMIUM DVD BOX』から、91年の武道館コンサートのライヴ映像『1991 Concert Tour Amusement Park』を取り上げます。

その頃の聖子さんと言えば、
90年6月に”Seiko"名義のワールドリリースデビューアルバム『Seiko』発売。
90年12月にオリジナルアルバム『We Are Love』発売。
91年5月に洋楽カバーアルバム『Eternal』発売。

コンサートの持ち歌も、アルバム『Seiko』から『All the way to Heaven』『Goodbye My Baby』、アルバム『We Are Love』から『Listen!!』『Kiss Me Please』『レモンティーとチョコレートパフェ 』『Drive Me To The Sky』、アルバム『Eternal』から『Hold On』『Here We Are』『Crazy For You』と満遍なく歌われています。

この頃は世界進出に向けてかなり攻めの姿勢を取っていた時期で、ライヴの演出(髪形、衣装、ダンスパフォーマンス)にマドンナの影響が明らかです。

DVDの収録時間は98分。
実際のコンサートで歌われた聖子さんの歌はすべて収録されていますが、この映像を観ると、つくづく松田聖子という歌手を理解することの難しさを痛感します。
あえて言えば、ここにはパフォーマーとしての最高の聖子さんと最低の聖子さん、両方が如実に表れているからです。

冒頭から40数分はすべて口パク。
下着姿に近い恰好で外国人ダンサー達と絡む姿は今見てもかなりの衝撃。
この当時私は完全に聖子さんから離れていましたので、いろんな噂を見聞きしても比較的平気でしたが、ずっとファンを続けていた方たちは大変だったと思います。
聖子さんが何をやろうと絶対に付いていくという、本当に筋金入りのファンだったのでしょうね。
今だから私は観れますが、当時は無理だったと思います・・・。

前半だけ観ると勘弁してという内容なのですが、コンサート中盤の『Here We Are』以降のバラードナンバーが生歌で、この生歌がなんとも素晴らしいのです。

実のところ、この頃の聖子さんはヴォーカリストとして一つの頂点にあったと思われます。
まず、声が素晴らしい。
声のフォルムはデビュー時より線が細くなった印象はありますが、以前のハスキーな印象が弱まり、高音がより澄んだ響きを湛えています。
表現力の高さはもちろん、声域の広さも衰え知らず。
聖子さんは90年代の声が一番というファンの声があることも頷けます。

ここでは『抱いて…』、マドンナのカバー『Crazy For You』も素晴らしい出来で、『裸足の季節』『青い珊瑚礁』『夏の扉』『Rock'n Rouge』『赤いスイートピー』といった80年代ヒット曲も生歌で安定しています。

それでいてアンコールの『Chase My Dreams ~明日へのStep~』『Precious Heart』が口パクというのが解せないところで・・・改めて聖子さんを理解することの難しさを痛感します。

あっという間に年が明けました。
このところ更新が途絶えましたが、主にパソコンの故障と私生活のトラブルが原因です。
パソコンは今手元になく、直るかどうかも微妙な状況。
今はスマホでこれを書いていますが、iPhone6と忍者ブログの相性の問題かどうかは分かりませんが、本当に書きにくいです。
スマホでブログを書きたい人には忍者ブログは勧められません。

私生活のトラブルは詳しくは書けませんが、いわゆる巻き込まれ型のトラブルです。
相手が入院中なので、とりあえず現在は小康状態ですが、その間に色々と対策を立てなければ…。

ここ数年の恒例となった紅白の聖子さんについてですが、正直言ってあまり書きたくありません。
もちろんリアルタイムで観ましたし、今回は待望の『薔薇のように咲いて 桜のように 散って』の披露ということで本当に楽しみにしていたのですが…。
まぁ長年のファンの方ならお気づきだと思います。
まさか紅白で…という思いです。

この間にもミシェル・モルガンが亡くなったり、ストーンズの新作が出たりといろいろ記事にしたいニュースもありましたが、こんな事情ですので、現段階では割愛させていただこうと思います。
11月30日、松田聖子SACD金色のリボン』『Snow Garden』の2枚がStereo Soundから新たに発売された。

これまで何度か書いてきたように、Stereo Soundの聖子さんのSACDはすでに12枚が発売済みで、ほとんどが完売。
私は運よくこれまで発売された12枚のSACDをすべて入手できたのだが、とりわけ昨年の『Tinker Bell』の予約段階での完売は印象的な出来事だった。(そのあたりの経緯については昨年書いたこの記事を参照

今回は送料の関係でStereo Soundの通販リンク)は利用せず、以前『Tinker Bell』のSACDを奇跡的に購入することができた新宿オーディオユニオンに予約して購入した。

今回発売された2枚はいずれも80年代に発売されたクリスマスアルバムで、ベスト盤的要素も取り込んだ企画盤
出来ることならSACDで未発売のオリジナルアルバム(例えば『Strawberry time』『Citron』等)を発売してもらいたいと思うのがファン心理だが、こういった珍しい企画盤の再発売もそれはそれで嬉しいものである。

特に『金色のリボン』(82年)は当時は2枚組LPで発売され、写真集も入った箱物の豪華版であっただけにオールドファン?には懐かしい。(今回のSACDには残念ながら写真集は封入されていない)
Snow Garden』はCDでも発売されていたが、CDの音質が良くなかっただけに、今度のSACDは楽しみ。
どちらも、まだ音は聴いていないが、明日以降、誰にも邪魔されない環境でゆっくり聴くつもり。

この後にも『Touch Me, Seiko』(いわゆるB面集)のSACDも発売が予定されているらしいので楽しみである。
前回に引き続き『25th Anniversary Seiko Matsuda PREMIUM DVD BOX』から、90年の武道館コンサートのライヴ映像『Precious Moment ~1990 Live At The Budokan~』を取り上げます。

ニューアルバム『Precious Moment』を引っ提げてのコンサートツアーは89年12月から90年1月にかけて大都市中心に13公演が行われています。
武道館公演は年を跨いで都合5回に及びますが、この映像はツアー最終日である90年1月24日の武道館公演を収めたもの。

DVDの収録時間はやはり55分程度で、実際のコンサートの半分ほど。
Youtubeにさらに30分ほど長いバージョンの映像がアップされていますが、これも完全版ではありません(『ガラスの林檎』『時間の国のアリス』が収録されていない模様)。
全体的にリップシンクの多いコンサート映像で、まだまだ声の出るこの時期にこれは残念。
この頃デビュー以来の所属事務所サンミュージックから独立した結果、後ろ盾を失いマスコミから総バッシングに遭っていた時期ということも関係しているのでしょうか。

DVDは途中ところどころで聖子さんのインタビューを挟みます。
それぞれ1~2分程度のあっさりしたもの。

コンサートのオープニングはニューアルバムから『Chase My Dreams ~明日へのStep~』。
声の調子はまずまずですが、もう一つノリが良くない印象。
黒人ダンサーを従えて歌い踊る『月夜のDancing Beat』~『雨のコニーアイランド』~『Marrakech ~マラケッシュ~』は例によってリップシンク。

それどころか、メドレー (青い珊瑚礁~風は秋色~野ばらのエチュード~ピンクのモーツァルト~天国のキッス~渚のバルコニー~旅立ちはフリージア~夏の扉)
までもすべてリップシンク。
メディアムテンポの『Forever Love』(改めて聴くとなかなか良い曲)までリップシンクです。
もちろん、コンサートのすべてを収録しているわけではありませんが(それ以降の4曲は生歌)、ちょっとリップシンクの割合が多すぎる印象です。

そのせいか、印象的だったのは意外にもド定番の『赤いスイートピー』。
昨今のようにサビ部分で客席にマイクを向けることもなく、丁寧にしっとりと歌っていて好印象(もちろん生歌)。
他には、このDVDには未収録ですが、Youtubeで観られる『あなたにありがとう』(コンサート本編でのラスト)がベスト・パフォーマンスだと思います。
当然生歌で、歌唱もとても良いだけに(声もしっかり出ています)DVDに収録されなかったのは不可思議です。

アンコールにまたも『Chase My Dreams ~明日へのStep~』と、同じ曲を歌っているのが珍しい。
衣装もそのために変えているようなので、ツアーの間中そうしていたのでしょう。
歌のノリも良く、オープニングに歌った時よりも明らかに優れたパフォーマンスです。

YoutubeでDVDより長いバージョンが観られます。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
HOMENext ≫
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ