忍者ブログ

ジャン・シャポー監督の『燃えつきた納屋』を国内盤DVDで観た感想。

LES GRANGES BRULEES』(73年)
監督:ジャン・シャポー
脚本:ジャン・シャポー、セバスチャン・ルーレ
撮影:サッシャ・ヴィエルニ
音楽:ジャン=ミシェル・ジャール
出演:アラン・ドロン、シモーヌ・シニョレ、ポール・クローシェ、ピエール・ルソー、カトリーヌ・アレグレ、ミュウ=ミュウ、クリスチャン・バルビエ

初見。
フランスのある寒村で起きた殺人事件を通して、農家の女主人ローズ(シモーヌ・シニョレ)と、事件の調査をする予審判事(アラン・ドロン)の心理的対立を描いた作品。

前半からいろいろ思わせぶりな前振りがあるので、面白くなりそうな雰囲気はあるのだが、期待したほどは面白くならなかったかなという印象。
サッシャ・ヴィエルニによる映像の美しさもあって、寒村や農家の雰囲気描写は魅力的だったのだが…。

ただ、アラン・ドロンシモーヌ・シニョレの演技と存在感は見ごたえがある。
とりわけシモーヌ・シニョレの演技力はさすがに大したものだと改めて思った。
その夫役を演じたポール・クローシェの存在感の無さもかえってその役柄に合っているのかもしれない。
地元の善良な警官を演じたクリスチャン・バルビエもいい。

また、ジャン=ミシェル・ジャールによるシンセサイザーを多用した音楽も効果的だった。

そういえば、この作品はシモーヌ・シニョレ、ポール・クローシェ、クリスチャン・バルビエとメルヴィルの『影の軍隊』(69)に出演していた俳優が3人も出ている。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
燃えつきた納屋
この作品は手元の資料(仏盤DVDライナーノーツ)によりますと、監督のジャン・シャポーとドロンさんとの間に大きな対立が生まれ、シャポーは現場を放棄し、次作『ビッグ・ガン』の撮影が間近に控えていたドロンさんは、残ったスタッフを従え自分の出演するシーンを自身が監督して撮影を終えました。
(したがいましてこの作品が事実上のドロンさんの初監督作となります。)
そして彼が現場を去ってからシャポーが現場に復帰し残りのシーンを撮り終えた、とのことです。
そういう現場での混乱にも関わらず何とか1本の映画として成立しているのはひとえに主演スター二人の演技の見事さのおかげではないかと思います。
チェイサー 2009/08/29_Sat_12:18:29 編集
シャポー監督とドロン氏
チェイサー様
貴重な裏話ありがとうございました。
ドロンさんがどのシーンを監督したのかも興味深いところです。

観た印象としましてはシャポー監督の演出的な弱さを感じる部分が無くは無く、錚々たる名監督と一緒に仕事をしてきたドロンさんがその辺りに不満を感じたとしても不思議ではありませんね。
マサヤ 2009/08/30_Sun_00:01:33 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[365] [364] [363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/23 mon]
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ