忍者ブログ

ジャン・ルノワール監督の『牝犬』を国内盤DVD(紀伊国屋書店)で観た感想。

LA CHIENNE』(31年)
監督・脚本:ジャン・ルノワール 
原作:ジョルジュ・デ・ラ・フシャルディエール 
撮影:セオドア・スパークル 
出演:ミシェル・シモン、ジャニー・マレーズ、ジョルジュ・フラマン

初見。
ジョルジュ・デ・ラ・フシャルディエールの原作を映画化したもの。
この原作は後にハリウッドでフリッツ・ラング監督によって『スカーレット・ストリート』としてリメイクされている(45)。(『スカーレット・ストリート』について以前書いた記事
私はリメイク版の方を先に観てしまったが、どちらも観た印象としては今度観たルノワール版の方がずっといい。
あまり知られていないが、実はジャン=ピエール・メルヴィルもこの作品のリメイクを計画していたらしい。(68年頃。結局実現せず)
それだけ魅力的な題材なのだろう。

それにしてもこのルノワール版はほとんど古さを感じさせない。
1931年の作品としては驚異的である。
ルノワールの演出も冴え渡っており、特に後半が素晴らしい。
ただし、主人公の妻アデル役の演技は少々やり過ぎ感も感じられなくはないが…。

キャストも、ミシェル・シモンはまさに適役であり、ヒモ男を演じたジョルジュ・フラマンが実にいい。
ヒロインのジャニー・マレーズはラング版のジョーン・ベネットに比べると“女としての魅力”は遥かに劣るのだが、役柄として違和感が感じられないのは不思議なくらい。
もしかしたら作品のヒロインのイメージに近いのはジャニー・マレーズの方かもしれない。

総じてラングの『スカーレット・ストリート』の方が描写が丁寧なのかもしれないが、ストーリー的に破綻の感じられないのはむしろこの『牝犬』の方だ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[366] [365] [364] [363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
忍者AdMax
アーカイブ