忍者ブログ
ロバート・ミッチャムフィリップ・マーロウを演じた作品のソフト化のニュースです。

さらば愛しき女よ』(75年、ディック・リチャーズ監督)と『大いなる眠り』(78年、マイケル・ウィナー監督)のDVD、ブルーレイが復刻シネマライブラリーから3月27日に発売されます。

どちらも、これまでDVD、ブルーレイで未発売だっただけに嬉しいニュースですが、ことに『大いなる眠り』(ハワード・ホークス監督の『三つ数えろ』と同じ原作)は未見なだけに嬉しいです。
さらば愛しき女よ』について以前書いた記事

PR
ダグラス・サーク監督の『ショックプルーフ』を国内盤DVD(巨匠たちのハリウッド フィルム・ノワール傑作選 DVD-BOX)で観た感想。

Shockproof』(49年)
脚本:サミュエル・フラー、ヘレン・ドイッチュ
撮影:チャールズ・ロートン・JR
音楽:ジョージ・ダニング
出演:コーネル・ワイルド、パトリシア・ナイト、ジョン・ハラグリー

あのサミュエル・フラーが脚本を書いているが、あまりに救いのないラストをコロンビアに改変させられたため、フラーを庇ったサークが怒りのあまりコロンビアを去る原因となったとのこと。
結果的にサークは移籍先のユニバーサルで名実ともに大監督にのし上がっていくわけだから、結果オーライだが。

保護監察官役のコーネル・ワイルド、殺人罪で服役中に仮釈放されたパトリシア・ナイトという実生活でも夫婦だった二人の共演作で、映画の展開は正直微妙だが見ごたえはある。
オープニングなどは見事。
パトリシア・ナイトは無名の美人女優だが、この頃のハリウッドがいかにスター未満の美人女優で溢れていたかを改めて感じさせる。

マックス・オフュルス監督の『無謀な瞬間』を国内盤DVDで観た感想。

THE RECKLESS MOMENT』(49年)
脚本:
撮影:バーネット・ガフィ
音楽:ハンス・J・サルター
出演:ジョーン・ベネット、ジェームズ・メイソン、ジェラルディン・ブルックス

今まで観たマックス・オフュルス監督の作品の中で一番好きかもしれない。
あのジョーン・ベネットが主婦役を見事に演じているのが興味が尽きない。
ダブル主演のジェームズ・メイソンが夫役かと思いきや、らしからぬ”ゆすりや”を演じているという意外さ。
結果的に、彼らしい役柄とも言えるのだが。

室内を動き回る登場人物を見事にとらえるカメラワークにオフュルス監督の特色が垣間見える。

ジョゼフ・ロージー監督の『不審者』を国内盤DVD(フィルム・ノワール傑作選 DVD-BOX)で観た感想。

THE PROWLER』(51年)
撮影:アーサー・ミラー
音楽:リン・マレー
出演:ヴァン・ヘフリン、イヴリン・キース、ジョン・マックスウェル

ジョゼフ・ロージー監督の映画を観るのは久しぶりだが、これもかなりヘンな映画だ。
前半からありえない展開が続き、どうなるかと思いきや、ありえないようなラストに至る。
その意味では首尾一貫した映画なのかもしれない。
最初から最後までとことん悪人にしか見えないヴァン・ヘフリン、始終どこか不気味な匂いを感じさせる相手役のイヴリン・キース、どちらもノワール的な登場人物とも言えるだろう。

それにしても、原題が『THE PROWLER』というのにビックリ。
アイアン・メイデンのファーストアルバムの1曲目が『PROWLER』という曲名なのだが、高校時代にバンドを組んでいた時に何度演奏したか分からない。
この映画にはまったく関係ない話だが・・・。

ドン・シーゲル監督の『仮面の報酬』を国内盤DVD(『フィルム・ノワール傑作選DVD-BOX』)で観た感想。

THE BIG STEAL』(49年)
脚本:ジェフリー・ホームズ、ジェラルド・ドレイソン・アダムズ
撮影:ハリー・ワイルド
音楽:リー・ハーライン
出演:ロバート・ミッチャム、ジェーン・グリア、ウィリアム・ベンディックス

メキシコが舞台。
いかにもフィルム・ノワール的なタイトルがついているが、フィルム・ノワールというよりはサスペンス・アクション映画という趣。
車による追いつ追われつの追走劇が大部分を占め、内容も明るい。

あのノワールの伝説的傑作『過去を逃れて』(47年)で共演していたロバート・ミッチャムジェーン・グリアが共演しているのがミソだが、その頃とはジェーン・グリアのイメージがかなり変っている。
それからたった2年しか経っていないのに妙に老けた印象があるが、ここでの彼女も大変魅力的である。
ロバート・ミッチャムとの台詞の応酬もウィットに富んでおり、大変面白く観た。

テッド・テズラフ監督の『』を国内盤DVD(ブロードウェイ『フィルム・ノワール ベスト・コレクション DVD-BOX Vol.3』)で観た感想。

The Window』(49年)
原作:コーネル・ウールリッチ
脚本:メル・ディネリ
撮影:ウィリアム・スタイナー
出演:ボビー・ドリスコル、バーバラ・ヘイル、アーサー・ケネディ、ポール・スチュアート

子供が主人公ということもあって、乗りづらいかなと想像していたが、実際はかなり面白かった。
コーネル・ウールリッチの原作ではアルフレッド・ヒッチコック監督の『裏窓』(54)が有名だが、題材としてこれも近いものがある。
監督のテッド・テズラフはヒッチコックの『汚名』(46)で撮影監督を務めていたという。

少年役のボビー・ドリスコルがなかなかの好演で、後半のサスペンス展開が見事。
ポール・スチュアートの冷徹な感じがいい。

フィル・ローゼン監督の『マリー・ロジェの秘密』を国内盤DVD(ブロードウェイ『世界の推理小説 傑作映画 DVD-BOX』)で観た感想。

The Mystery of Marie Roget』(42年)
監督:フィル・ローゼン
出演:パトレイック・ノース、マリア・モンテス

実際にあった殺人事件をモデルに、エドガー・アラン・ポーが書き上げた原作『マリー・ロジェの謎』を映画化したもの。

題材としては面白いし、俳優も決して悪くないのに、どこか間の抜けた印象が拭えないのは演出にキレがないためか。
時間としては60分程度と長くないにもかかわらず、むしろ長く感じてしまうというヘンな映画である。
オチもどこか消化不良な感じが残る。

ただ、表題役を演じたマリア・モンテスは40年代ハリウッドにおいて”テクニカラーの女王”と言われただけあって、それも頷ける美貌。

[1] [2] [3] [4] [5] [6]
HOMENext ≫
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ