忍者ブログ
青山シアターのオンライン上映でメルヴィル『この手紙を読むときは』を観ました。

ご存知のようにこの作品はメルヴィル映画の中でも最も観る機会の少ない映画の一つで、国内でソフト化されていないのはもちろん、日本語字幕付きでもこれまで二回ほどしか国内で上映されておりません。
個人的にも、仏版DVDが出る前はフランスで発売されていたVHSを注文したり(VHSもフランスと日本では規格が違うので観られるようになるまで色々と苦労しました)、仏版DVDが出てからは取り寄せて観たりしてきたわけですが、日本語字幕で観る機会に恵まれたのは今回が初めてです。

今回のオンライン上映は画質も良く、また、字幕もしっかりしており(先日亡くなった寺尾次郎氏によるもの)、映画の鑑賞としてなんの不満もありません。
映画を鑑賞するシステムとして、これは本当にお薦めできます。

私自身、仏版DVD等で映像としてはこれまで何度か観ているので全くの初見とは言えませんが、やはり字幕付きで観るのと観ないのでは内容の理解度が全くと言ってよいほど違いました。
その意味でも、今回初めてこの映画を観たと言ってよいと思います。

映画の内容的には、メルヴィルの作品中でメルヴィル自身最も気に入っていない作品であり、同時に世間的な評価も最も低い作品です。
ところが、意外と言ってはなんですが、結構面白かったのです。
ファンなのでそう思ってしまう側面もあるのかもしれませんが、決して悪い作品とは思えませんでした。
もちろん、傑作とか名作とか言うつもりはありませんが、メルヴィル・ファンには間違いなく一見の価値ありの作品ですし、この時代のいちフランス映画としてもそこそこの作品ではないかと思います。
7月22日までオンライン上映されておりますので(料金は1,200円)、是非ご自身の目で確かめてみられてはいかがでしょうか。
PR
この手紙を読むときは』が7月6日アンスティチュ・フランセ東京で上映されます!(リンク

アンスティチュ・フランセ東京では現在『Gaumont 映画誕生と共に歩んできた歴史』という企画を実施中ですが、その中の一環として『この手紙を読むときは』が上映されます。
(この企画についてはこちらのプログラムを参照。PDFです。)

この手紙を読むときは』は7月6日16時15分からの上映で、日本語字幕付きでたった一度の上映のようですので、どうかお見逃しなく。

ちなみに、私は東京を離れているので行くことができません。
青山シアターのオンライン上映で楽しみたいと思います。
HPのBBSにいただいた素晴らしい情報です。

メルヴィルの『この手紙を読むときは』が青山シアターのサイトでオンライン上映されています!
リンク)(期間:6月29日~7月22日)

メルヴィル・ファンならご存知の通り、日本国内では未ソフト化の幻の作品ですので、これは本当に貴重な機会です。
私もまだ情報を知ったばかりで観ていませんが、一度レンタル(購入)すれば3日間観られるというシステムのようです。

『この手紙を読むときは』以外にもクロード・オータン=ララ監督の『パリ横断』(ジャン・ギャバン、ブールヴィル主演)等の未公開作も現在オンライン上映中ですので、こちらも楽しみです。
小津安二郎監督の『浮草』を国内盤DVDで観た感想。

以前このブログでもお知らせしたように『浮草』は今度4Kブルーレイが発売される。
私が観たのは以前から発売されている国内盤DVDだが、画質チェックのために少しだけ観るつもりが、結局全部観てしまった。

それにしても、この映画はなんと素晴らしい映画なのだろうか。
脚本、演出、撮影、キャスト全部素晴らしいので、いちいちどこがどうと書けない。
何度も観ている映画なのに、クライマックスシーンではボロボロ泣いてしまった。
今になって映画を観てこんなに泣けるなんて自分でも驚いた。
監督の演出は観客を泣かそうという感じではなく、むしろそっけないくらいなのだが、却ってそれが良いのかもしれない。
エンディングもこんなに良かったか、と全く唸らされた。
個人的にもオールタイムベストに挙げたくなる超傑作

国内盤DVDの画質は、DVDの画質と考えれば満足なのだが、音質があまり良くない。
今度のブルーレイではどこまで改善されているか大いに気になる。

6月6日に発売された松田聖子のニューアルバム『Merry-go-round』を聴いた感想。

聖子さんといえば昨年発売されたジャズアルバム『SEIKO JAZZ』が、このブログでも何度も書いたように大絶賛の内容だったわけですが、今年も例年通りのポップスアルバムが発売になり、夏のツアーも始まりました。(私は今年も行けそうにないですが)

全10曲の収録曲はすべて聖子さん自身の作詞作曲プロデュース
編曲は7曲が野崎洋一氏、3曲が松本良喜氏によるもの。

ただ、このアルバムタイトルや収録曲のタイトルを知った時の虚脱感はファンの方なら共感していただけるはず。
またまた年齢不相応のメルヘンチックな内容なのか?とかなり不安に駆られました。
とはいえ、ここ数年のアルバムはなんだかんだいって力作ぞろいで、それなりの内容に仕上がっていましたので、とにかく聴いてみなくては、という思いでアルバムに向き合いました。

購入以来もう10回くらいは繰り返し聴いていますが、一言で言うと、ここ10年くらいのアルバムではトップクラスの仕上がりではないですか!
アップテンポの曲、メディアムテンポの曲、バラードの曲、それぞれのバランスが良いです。
そして、サビメロがかなりキャッチーな感じで、聖子さんの作曲家としての着実な進化が感じられる曲ばかり。
最近のアルバムはほどほどの仕上がりながら途中で中だるみっぽい側面も否定できなかったのですが、このアルバムはそれがありません。

アップテンポで始まる1曲目、2曲目も良く、アルバムの滑り出しとしては上々。
野崎氏によるアレンジが若干うるさく感じられる部分があり、個人的にはその点が少々苦手ではあるんですが、彼のアレンジで聖子さん流のキラキラポップスが大いに引き立っているのも事実。
昨年発表され、紅白でも歌われた『新しい明日』は聴く度に良くなってくる感じで、7曲目に置かれているのも絶妙な配置です。
この曲の野崎氏のよるアレンジは、なかなか心地良い仕上がりとなっています。

いつも批判の対象となる聖子さんの歌詞は、私はあまり気になりません。
もちろん、またか、と思いたくなるような言葉の頻発という面は否定できませんが、それが聖子さんの声に乗って届けられると不思議と違和感無く聴けてしまうんですよね。

とにかく現在の聖子さんに興味のある方なら是非一聴を!!

クロード・ソーテ監督、ロミー・シュナイダーミシェル・ピッコリ主演の『すぎ去りし日の…』の国内盤Blu-rayが7月21日にアネックから発売されます。(DVDも同時発売)

この作品、2009年にユニバーサルからDVDの発売がアナウンスされたことがありましたが、いつの間にか発売中止になってしまいました。
そのことは本当に残念だったので、ブルーレイまで出る今回の発売は嬉しいです。
DVDも”HDリマスター版”と謳っていますので画質も期待できそうです。
70年の映画ですが、この時代のフランス映画のブルーレイ、DVDをもっと出して欲しいですね。

クロード・シャブロル監督の『気のいい女たち』のBlu-ray7月27日にKADOKAWAから発売されます。(DVDも同時発売)

7月27日にKADOKAWAから発売される一連のBlu-rayの中で個人的に最も嬉しかったのがこの作品のBlu-ray化です。
この作品については以前レビューを書いておりますのでそちらを参照いただければと思います。
アンリ・ドカの素晴らしいモノクロ映像をBlu-rayで味わえると思うと興奮しますね。

[1] [2] [3] [4] [5] [6]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[07/12 マサヤ@管理人]
[07/11 mon]
[07/08 マサヤ@管理人]
[07/06 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ