忍者ブログ
マイケル・ウィナー監督の『大いなる眠り』を国内盤DVDで観た感想。

レイモンド・チャンドラーの原作『大いなる眠り』の映画化といえば、なんといってもハワード・ホークス監督、ハンフリー・ボガート主演の『三つ数えろ』が有名だが、ロバート・ミッチャム主演でこんな映画が撮られていたとは最近まで知らなかった。

ロバート・ミッチャムがフィリップ・マーロウを演じている映画と言えばディック・リチャーズ監督『さらば愛しき女』(75)という名作があるが、その撮影時で58歳、この映画はそれよりも3年後の78年の製作であり、年齢的にさらに厳しいのは確か。
しかし、映画を観ているとそのあたりはほとんど気にならなくなってくるから不思議だ。

姉妹の姉役でサラ・マイルズが出ているのが興味深い。
ロバート・ミッチャムとサラ・マイルズといえば、デヴィッド・リーン監督の『ライアンの娘』で夫婦役で共演しており、ミッチャムが寝取られ夫役を演じていた。

ところで、若い頃はキレイだったサラ・マイルズはここでは大層な変わりようで、顔のバランスの上での口の大きさにも驚いてしまうが、髪型でもかなり損をしている感じなのが勿体無い。
魅力の片鱗はまだ残ってはいるが・・・。

あと、ジェームズ・スチュワートが将軍役で出ているのがこれまた面白い。
正直なところ違和感を感じるのも確かだが、なにしろあのジミー・スチュワートが年老いてこんなちょい役で出ているのだからそれだけでも見もの。

それにしても、『三つ数えろ』でもそうだが、この物語の分かりにくさは凄い
それでも『三つ数えろ』よりもこちらの方がまだストーリーが追い易いのではないだろうか。
それとも私がこの物語に観慣れただけか。
映画自体は本当に面白いし、かなりの出来栄えだと思う。
あと、なぜか舞台がイギリスに変更になっているが、私個人はさほど気にならなかった。

PR
ジョン・マッケンジー監督の『長く熱い週末』を国内盤DVDで観た感想。

80年のイギリス映画だが、本国では犯罪映画の傑作として高い評価を確立している作品だという。
私が観慣れている昔のアメリカやフランスのフィルム・ノワールとは少々趣が違うが、これはこれで大変に優れた映画であることは間違いない。

最初様々な事件が次々と起き、それらの出来事と登場人物の関連性を把握するまでが大変だが、徐々に分かり始めてくるとどんどん面白くなってくる。
主演のボブ・ホスキンスのユニークな風貌は目の辺りがアイアン・メイデンブルース・ディッキンソンにそっくりで、かなりインパクトが強い。
映画の中で紅一点ともいえるヘレン・ミレンの若い頃の映画はほとんど観た記憶がないが、ここでの彼女は相当に綺麗であり、演技もうまい。
他にも末端の役に至るまでインパクトの強い登場人物が次々と現れ、それぞれが強い印象を残している。
あのエディ・コンスタンティーヌがアメリカ人役で特別出演。

ルキノ・ヴィスコンティ監督の映画作品のソフトの再発が続いている。

最近『家族の肖像』『ルートヴィヒ』のブルーレイが発売されたばかりだが、今度は『夏の嵐』『白夜』のブルーレイも出るという。
昨年は『山猫』がブルーレイで出た。

実際、ヴィスコンティの映画はいかにも映像が美しく、ブルーレイ映えする、というか、優れた画質で観たくなるものが多い。
だから、ブルーレイが次々と出るのも理解できる(『地獄に堕ちた勇者ども』と『ベニスに死す』のブルーレイが出ないのが不思議)。
昔から日本ではヴィスコンティの映画の人気が非常に高いことも大きいだろう。

かくいう私も昔はヴィスコンティの映画が好きだった
というか、ヨーロッパ映画や芸術映画(?)方面に意識が向いた理由として、ヴィスコンティの映画の影響が大きかったことは否定できない。
実際、初期のいくつかの作品を除いては短編、中篇含めほとんどの作品を観ているはず。
長らく未見だった『異邦人』も、2004年のヴィスコンティ映画祭で観ることができた。(正直なところ期待したほどは面白くなかったが)

個人的にヴィスコンティのベスト作品は長い間『若者のすべて』だった。
しかし、今あの作品を観直そうという気にはなかなかならないというのが正直なところ。
現在の私には重過ぎるのだ。
むしろ、今観たいのはヴィスコンティとしては小品ともいえる『白夜』『熊座の淡き星影』、そして以前観てあまり良さが分からなかった『イノセント』。
異邦人』もソフト化を是非とも期待したいし、初めて観た時とんでもない内容に興奮した『地獄に堕ちた勇者ども』もいつかまた観直してみたい。
家のどこかにDVDがあるはずだから、その気になればいつでも観られるのだが・・・。

家族の肖像』は以前紀伊国屋書店からDVDボックスが出た時、好きで何度も観た。
しかし、今はちょっとしんどい。
ルートヴィヒ』はこれまで一度しかDVDで観ていないが、どっしりとした重量感のある映画であり、大変見応えがあった。
ロミー・シュナイダーの美しさも印象的だったし、思いのほか親しみやすい内容だったが、何しろ4時間を超える大作だから、なかなか観直そうと気にならないのも確か。

夏の嵐』は一部の映画ファンに熱狂的に支持されている作品だが、私はどちらかというと苦手。
内容的に、どことなくトリュフォーの『アデルの恋の物語』を思い出してしまうのだ。
ヴィスコンティ・ファンには映画としての格が違うだろうと言われてしまいそうだが・・・。
ただ、当初のキャスティング予定だったイングリッド・バーグマンマーロン・ブランドが演じていたら、どんなに凄い映画になったのだろうという思いはある。

山猫』はスクリーン、DVD含め何度も観ているが、好きか否かと問われると困ってしまう。
凄い映画だとは思うが、好きというのとはちょっと違う気がする。

ベニスに死す』はやはりダーク・ボガードの素晴らしさに尽きるのではないか。
本当にあの演技は凄かったし、映画としても見ごたえがあったと思う。

ちなみに『ベニスに死す』といえばトーマス・マンの原作だが、ヴィスコンティはマンの『魔の山』の映画化も考えていたという。
個人的に『魔の山』は若い頃もっとも大きな影響を受けた文学作品であり、好きで何度も読んだ小説だけにヴィスコンティによって映画化されなかったのは本当に残念だ。
後に本国ドイツでは映画化され、IVCから国内盤DVDも出ているが、ダイジェスト版ということもあって、正直あまり観る気にならない。
原作を何度も読んだので、頭の中で物語のイメージがある程度出来上がってしまっており、そこに映像のイメージが上書きされてしまうのがコワいという思いもあるのだが。

また、マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』も映画化したかったらしいが(ヴィスコンティによるシナリオが残っている)、これも実現しなかった。
この小説に関しては、メルヴィルの『恐るべき子供たち』の主演女優ニコール・ステファーヌが後に映画プロデューサーに転向し、映画化権を買い取って奔走したが、結局『スワンの恋』をフォルカー・シュレーンドルフ監督で映画化(83年)するのがやっとだった。

古今東西の映画監督の中で、この二つの超大作文学作品を規模的にも質的にも高いレベル、しかも正攻法の演出で映画化できる可能性のあったのはヴィスコンティだけだったろう。
その意味で、ヴィスコンティの死後はこの二つの作品の映画化は事実上夢と化した。
このことだけでも、この映画作家がいかに絶後の人だったかという証左となるのではないだろうか。


サム・ペキンパー監督の『ゲッタウェイ』を国内盤DVDで観た感想。

全体的になんとも言えない重苦しさのある映画である。
そのせいか少々長さは感じるものの、高品質のエンターテインメント作品に仕上がっていて見応えはたっぷり。
オープニングも素晴らしい。

スティーブ・マックイーンアリ・マッグローはこの映画で知り合って結婚したらしいが、映画面としてはこの二人にどことなく違和感を感じるのは私だけか。
二人の髪の色の違いのせいなのか何なのか自分でもよく分からないが、個人的にアリ・マッグローがどうしても美人に見えないというのが大きな理由かもしれない。
おそらく容姿が苦手ということなのだろうが・・・。

デジタル・リマスター版というDVDの画質はとても良い。

ジョージ・シャーマン監督の『100万ドルの血斗』を国内盤ブルーレイで観た感想。

1971年の映画で、一級品の風格みたいなものはないが、とても面白かった。
ジョン・ウェインの息子から孫まで出ているらしいが、顔が似ていないのでそんな感じには見えない。
敵役の首領リチャード・ブーンがいい。
クライマックスはまさに死闘。

ブルーレイの画質も素晴らしい。

ピーター・イェーツ監督の『ブリット』を国内盤DVDで観た感想。

オープニングのラロ・シフリンの音楽からしていかにもこの時代(68年)という感じでなんとも言えない(もちろん良い意味で)。
ピーター・イェーツ監督の、というよりスティーブ・マックイーンの『ブリット』と言ってよいほどマックイーンの強烈なイメージが印象的な映画で、この頃のハリウッド・アクション映画の良さを実感する。
ちなみにその昔、私はマックイーンのファンだったが、ファンになったきっかけは『タワーリング・インフェルノ』であった。

この映画も久しぶりに観たせいか、病院のシーンとか有名なカーチェイスの印象は強く残っていたが、最後の空港のシーンはほとんど記憶になかった。
それにしても本当に面白い映画で大変な名作であることは間違いない。

ヒロインのジャクリーン・ビセットはまだスターになる前だからか、出番が少なめでちょっと勿体無い感じ。
上院議員?役のロバート・ヴォーンの嫌味の効いたキャラ作りが秀逸で、ラスト近くのマックイーンの彼の対する台詞が、観客の本音を代弁していて溜飲が下がる。

この名作の国内盤ブルーレイが未発売なのは何故に?

ロベルト・ロッセリーニ監督の『イタリア旅行』を国内盤ブルーレイ(IVC)で観た感想。

VIAGGIO IN ITALIA』(53年)
脚本:ヴィタリアーノ・ブランカーティ、ロベルト・ロッセリーニ
撮影:エンツォ・セラフィン
音楽:レンツォ・ロッセリーニ
出演:イングリッド・バーグマン、ジョージ・サンダース

再見。
前回観た時IVC盤の旧DVDだったと思うが、画質はお世辞にも良いとは言い難いものだった。
今回観たブルーレイは、マスターに起因すると思われるキズが目立つところ以外は画質良好。

フランスのヌーヴェル・ヴァーグの連中にことさら高い評価を受けた作品だが、確かに今観ると、低予算でも映画が一本撮れてしまうという証明のような映画という印象を受ける。
問題は面白いか否かなのだが、まあ面白いと言えば面白いし、つまらないと言えばつまらない。
これといった映画らしい展開はないし(ラストぐらい?)、出演俳優がイングリッド・バーグマンジョージ・サンダースだから被写体の魅力でなんとか最後まで観られる感じ。
ラストはなんだかなという印象を持ってしまった。

[1] [2] [3] [4] [5] [6]
HOMENext ≫
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
[11/09 影]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ