忍者ブログ
ジョゼフ・L・マンキーウィッツ監督の『他人の家』を国内盤DVDで観た感想。

HOUSE OF STRANGERS』(49年)
脚本:フィリップ・ヨーダン
撮影:ミルトンR.クラスナー
音楽:ダニエル・アンフィシアトロフ
出演:エドワード・G・ロビンソン、スーザン・ヘイワード、リチャード・コンテ、ルーサー・アドラー

マンキーウィッツ監督お得意の回想形式で家庭不和の問題を描いた作品だが、これも密度の濃い傑作である。
あの『ゴッドファーザー』を思わせる部分がなくもない。
事実上の主演はリチャード・コンテだが、父親役のエドワード・G・ロビンソンの熱演ぶりにも驚かされるし(カンヌ映画祭主演男優賞)、スーザン・ヘイワードの美女っぷりもたまらない。

PR
コスミック出版の10枚組DVDシリーズから『フランス映画 ジャン・ギャバンの世界 フィルムノワール映像の頂点』が発売されたことは以前お知らせしたとおりですが、このたびシリーズ第2弾が2月24日に発売されます。

内容ですが、

大いなる幻影』(ルノワール
我等の仲間』(デュヴィヴィエ
霧の波止場』(カルネ)
夜は我がもの』(ジョルジュ・ラコンブ
地の果てを行く』(デュヴィヴィエ
曳き船』(ジャン・グレミヨン
鉄格子の彼方』(クレマン)
狂恋』(ジョルジュ・ラコンブ
珊瑚礁』(モーリス・グレーズ
ゴルゴダの丘』(デュヴィヴィエ

超名作とレアな作品を取り混ぜた、今回も期待に違わぬ内容と言ってよいと思います。
もちろん気になるのはレアな作品で、『夜は我がもの曳き船珊瑚礁』が初の国内DVD化作品と思われます。
個人的に注目はグレミヨンの『曳き船』。
2008年の映画祭『フランス映画の秘宝』で観ましたが(その時のレビュー)、いかにもフランス映画らしい風情のある作品でした。

ちなみに、夜は我がもの』で共演しているシモーヌ・ヴァレールは後にメルヴィルの『リスボン特急』に出ており(リチャード・クッチョーラの奥さん役)、私生活ではあのジャン・ドサイー(『いぬ』『リスボン特急』)の夫人だった方。
珊瑚礁』は未見ですが、共演がミシェル・モルガンということでこれも楽しみです。

ジョゼフ・L・マンキーウィッツ監督の『5本の指』を国内盤DVDで観た感想。

5 FINGERS』(52年)
脚本:マイケル・ウィルソン
撮影:ノーバート・ブロディン
音楽:バーナード・ハーマン
出演:ジェームズ・メイスン、ダニエル・ダリュー、マイケル・レニー

第二次大戦中の中立国トルコを舞台にしたスパイ・サスペンス。
事実を基にした映画らしく、屋外のシーンは実際の場所を舞台に撮られたとのこと。
52年という戦後間もない時期だからこそ可能であったのだろう。

それにしても見応えのある傑作。
主演がジェームズ・メイスンダニエル・ダリューといういかにも作品に相応しい国際色豊かなキャスティングだが、この二人がとにかく素晴らしい。
ラストのアイロニーもすごい。

リチャード・フライシャー監督の『その女を殺せ』を国内盤DVDで観た感想。

The Narrow Margin』(52年)
脚本:アール・フェルトン
撮影:ジョージ E・ディスカント
出演:チャールズ・マッグロウ、マリー・ウィンザー、ゴードン・ゲバート

列車を舞台にした映画が好きな私にはこの映画はかなりのツボである。
サスペンス的要素の強い映画で、内容がとにかく面白い。

そして、この映画は列車内という狭い空間を生かしたフライシャー監督のテクニカルな演出も見ものである。
”ギャングの情婦”役を演じたマリー・ウィンザーは、”Bフィルムの女王”との異名を取るらしく、私も他の作品で何度か顔を見ているが、ここでもさすがのアクの強さと存在感である。

リチャード・フライシャー監督の『カモ』を国内盤DVD(リチャード・フライシャー傑作選 DVD-BOX)で観た感想。

THE CLAY PIGEON』(49年)
脚本:カール・フォアマン
撮影:ロバート・デ・グラス
音楽:ポール・ソーテル
出演:ビル・ウィリアムス、バーバラ・ヘイル、リチャード・クワイン

これも60分程度の映画だが、充実した内容である。
49年という終戦から間もない時期の映画ということもあり、すわ反日映画か?というシーンもあるが、必ずしもそういう意図では撮っていないようなので不愉快な気分にはならない。
主演のビル・ウィリアムスバーバラ・ヘイルは私生活で夫婦だったという。

それはそうと、メルヴィルの『仁義』に登場するホールド・アップのシーンを覚えているだろうか?
ホールド・アップといっても、例の宝石強盗のシーンのことではなく、映画の前半でアラン・ドロンに拳銃を向けた二人のギャングが、その後ろのジャン・マリア・ヴォロンテに拳銃を突きつけられ手を上げるという印象的なシーンのことだ。
この映画にはそれとそっくりなシーンが登場する。
しかも、この映画ではそれが意外な人物によって演じられるだけに一層効果的なのである。
監督のリチャード・フライシャーの演出力の賜物だろう。

エマニュエル・リヴァが亡くなりました

89歳だったそうです。
彼女の代表作は言うまでもなく『二十四時間の情事(ヒロシマ・モナムール)』(59年、アラン・レネ)ですが、メルヴィルの『モラン神父』(61年)も決して忘れられてはならない作品でしょう。

実は一週間くらい前に『モラン神父』を観ました。
改めて思い起こすことは数多くあったのですが、リヴァとベルモンドの演技力の凄さ、これはやはり並大抵のものではないですね。
もちろん、それを引き出したメルヴィルの演出力も賞賛されてしかるべきだと思います。
そして、この映画のリヴァは本当に美しい
『二十四時間の情事』の彼女も美しいと思いますが、贔屓目でなく『モラン神父』の彼女の方がより美しいように思います。

今考えても、『モラン神父』というメルヴィル監督の映画にエマニュエル・リヴァが出演したというのは信じられない思いがします。
たった一度の邂逅でしたし、『モラン神父』はおよそメルヴィルらしからぬ作品内容でしたからね。
結果として一本の素晴らしい映画が世に生み出されたわけですから、本当に奇跡的といいますか、感謝しかありません。

数年前まで『モラン神父』がDVD化されておらず、幻の作品であったように、エマニュエル・リヴァの出演作はほとんど日本ではDVD化されていません。
特に私が観たいのはジョルジュ・フランジュ監督、フィリップ・ノワレ共演の『テレーズ・デスケルウ』(62年)という映画です。
モーリヤック原作の映画ですが、リヴァらしからぬ悪女を演じているらしく、興味が尽きません。
これを機にDVD化されると良いのですが。

クロード・シャブロル監督の『二重の鍵』(59年)を国内盤ブルーレイ(紀伊国屋書店)で観た感想。

この映画を観るのは3回目くらいだと思うが、初めて観た時は正直つまんない映画だなーと思った記憶がある。(以前書いたレビュー

この映画の難点(?)は、登場人物にまともな人物がほとんど一人もおらず、誰に感情移入して観れば良いか分からない点であろう。(一体主役は誰なのだろう?)
もっとも、それを難点と取るか面白さと取るかは観る人次第で、シュブロル独特?のモニョモニョ感が楽しめる人には面白い映画なのかもしれない。
サスペンス映画として観ようとすると肩透かしを食らうが、私自身はそのモニョモニョ感をそれなりに楽しめるようになってきたから、この映画も徐々に面白みを感じられるようになった気がする。

撮影はアンリ・ドカ、音楽はポール・ミスラキ
アンリ・ドカによる暖色系の映像の色彩感覚は鮮烈だし、ポール・ミスラキの少々大袈裟な音楽も印象的である。

ブルーレイの画質は必ずしも鮮明とは言いがたく、ちょっとガッカリ。
DVDで観てもあまり印象は変らないしもしれない。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ