忍者ブログ

ロベール・ブレッソン監督の『ブローニュの森の貴婦人たち』(45年)を紀伊国屋書店から出ているDVDで観ました。
a8b91c94.gif
監督・台本・脚色:ロベール・ブレッソン
原作:ドニ・ディドロ
台詞監修:ジャン・コクトー
撮影: フィリップ・アゴスティーニ
出演:ポール・ベルナール、マリア・カザレス、エリナ・ラブルデット

ブレッソン監督作品としては、先日観た『罪の天使たち』に続く長編第2作となります。
まだプロの俳優が使われており、ポール・ベルナールマリア・カザレスなど著名な俳優が出演しています。
作風としては先日観た『罪の天使たち』に近く、男女の愛憎劇を描いたメロドラマですが、内容は分かりやすい方なので、かなり楽しめました。
登場人物はヘンな人たちばかりですが…。
キャストでは、なんといっても、マリア・カザレスの存在感が他を圧倒しています。
そのせいか、エリナ・ラブルデットの存在感が薄いような気がしました。

気になるDVDの画質について。
仏版PALマスターが使われているとのことですが、紀伊国屋書店のDVDとしては、画質があまり良くないのが残念。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[183] [182] [181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[12/14 mon]
[12/04 マサヤ@管理人]
[12/02 アキ]
[11/18 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ