忍者ブログ

f8509fd4.gifルイ・マル監督の『死刑台のエレベーター』(57)を久々に観直しました。
観たのは先日購入した紀伊国屋書店のDVDです。

このDVDは、ニューマスターを謳っていますが、画質はベストとは言えないまでもまずまずの仕上り。

この作品を観たのは今回で3~4回目ぐらいでしょうか。
当然結末は分かっていますが、それでも充分楽しめました。
キャストの魅力、無駄のない絶妙なまでの展開など、今さら言うまでもないことですが、改めて傑作だと感じました。

今回観て気に入ったシーンをいくつか。

エレベーター内のモーリス・ロネがタバコの箱に火をつけ、エレベーターの高さを調べるために、下に落とすと、火のついたタバコの箱がゆらゆら落ちていくシーン。

高速道路のシーンすべて。

ジャンヌ・モローの独特の歩き方。

殺人事件を描いた映画なのに、殺人シーンをあからさまに描いていないこと。

出番は必ずしも多くないものの、刑事役のリノ・ヴァンチュラの皮肉が効いた存在感。

モーリス・ロネの男前ぶり。

などなど…です。

マイルス・デイヴィスの音楽も有名ですが、彼によるこの映画のサントラは、マイルスの多くの名盤中でもとりわけ好きなものの一つです。
アンリ・ドカによる素晴らしい映像美も堪能しました。

なお、以前このブログでも紹介した、この作品に関連するルイ・マルのインタビュー記事はこちら

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
クセになる映画
『死刑台のエレベーター』
この作品は本当にクセになる作品ですね。
静かに展開していく序章、エレベーター内のロネのあせり、街を彷徨うモロー、そして二つの事件が絡み合う運命の怖さ… これら全てにマイルスのアドリブ全開のクールすぎるサウンドが絡んできて観ていると自分の中に気だるさが…
これが何故かクセになりますね。暑い夏に観てもヒヤーっとする感覚。
最後の現像室(暗室)で浮かび上がってきた写真、このシーンが何とも言えないぐらい怖くてそして好きなんですよ。
ジュリアン 2008/09/24_Wed_11:31:44 編集
ルイ・マルと音楽
ジュリアンさん
コメント&トラバありがとうございます。
クセになる映画…仰るとおりですね。
記事には書いていませんが、これがルイ・マル弱冠25歳の時の作品とはとても思えませんよね。
この作品のマイルス、『恋人たち』のブラームス、『鬼火』のエリック・サティなど、この頃のマルの音楽の選択は天才的だと思います。
マサヤ@管理人 URL 2008/09/25_Thu_01:14:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
熱いのに超Cool!… 『死刑台のエレベーター』
<トグサさん&旦那の声を仕事中に携帯でチェック!> そういえば取り上げてなかったなぁ〜 『死刑台のエレベーター』 ルイ・マル監督25歳の時の作品 主演モーリス・ロネ、ジャンヌ・モロー 医師ジュリアン(ロネ)と社長夫人フロランス(モロー)は愛し合っていた  二人は邪魔者である社長を殺す計画 手際よく社長室で社長を射殺したジュリアンだが 忘れ物を取りに戻った時に乗っていたエレベーターが止まり閉じ込められる 約束の場所に現れぬジュリアンに不安なフロランスは街を彷徨う ジュリアンが会社...
URL 2008/09/24_Wed_11:35:22
[181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[12/16 マサヤ@管理人]
[12/14 mon]
[12/04 マサヤ@管理人]
[12/02 アキ]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ