忍者ブログ

ジョゼ・ジョヴァンニ監督の『ラ・スクムーン』の国内盤DVDがユニバーサルから新たに発売されましたので、勇んで購入、早速観ました。

この映画を観るのは2度目。
“スクムーン”とは“死神”の意。
この映画の国内盤DVDは以前、東北新社から出ていましたが、早々と廃盤、中古市場では長い間高値を付けていました。
私もずっと欲しかったのですが、あまりの価格高騰ぶりに手が出なかったというのが実際のところでした。
今回は何かと悪評高いユニバーサルからの発売ということで複雑な心境ですが、とりあえず1500円という廉価盤での登場を喜びたいと思います。

image135.gifLa Scoumoune
監督・原作・脚本:ジョゼ・ジョヴァンニ
撮影:アンドレア・ウィンディング
音楽:フランソワ・ド・ルーベ
出演:ジャン=ポール・ベルモンド、クラウディア・カルディナーレ、ミシェル・コンスタンタン

ジョゼ・ジョヴァンニのこの原作は、61年にジャン・ベッケル監督によって『勝負(カタ)をつけろ』として映画化されています。
脚色・台詞をやはりジョゼ・ジョヴァンニが担当、主演はこちらもジャン=ポール・ベルモンド、友人ザビエ役はピエール・ヴァネック、ベルモンドが刑務所に入るキッカケとなる悪党役はミシェル・コンスタンタンが演じていました。
『勝負をつけろ』は、ギスラン・クロケによるモノクロ映像が素晴らしく、内容も特に前半が大層魅力的だったのですが、後半はかなりトーンダウンした印象でした。
このブログで以前書いた『勝負をつけろ』の関連記事

その点、このジョゼ・ジョヴァンニ監督版はそのようなことはなく、前半後半のバランスもうまく取れています。
30年代~40年代を舞台にした映画で、フレンチ・フィルム・ノワールというよりは、イタリアのギャング映画のような雰囲気が濃い作品ですが、銃撃戦もスリリングに描かれており、大変パワフルな演出がされた映画という印象があります。
『勝負をつけろ』もそうでしたが、この映画でも、緊張感のある役柄のジャン=ポール・ベルモンドが観られ、魅力的です。
この映画全篇でとてもいい表情で演じているのが印象的でした。
そのベルモンドとクラウディア・カルディナーレの顔合わせは珍しいですが、相性はとても良いと感じました。
もちろん、ベルモンドとミシェル・コンスタンタンのコンビも素晴らしいです。

また、脇の俳優たちも、とても個性的な面々が揃っており、この作品を盛り上げています。
とりわけ、手回しオルガン弾き兼ベルモンドの用心棒であるミグリ役のエンリケ・ルセロは印象的でした。
他にも、メルヴィルの『仁義』でドロンに宝石強盗を持ちかける看守を演じていたピエール・コレが、この作品では刑務所長役を演じています。

フランソワ・ド・ルーベの手回しオルガンの音楽は、前回観た時はなんとなく映画に合っていないような印象もあったのですが、今回は、免疫があるからでしょうか、とてもよく合っているように感じてしまいました。
それにしても、この映画のテーマの、嬉しいんだか、悲しいんだか分からない、微妙な色合いの音楽は、インパクトが強い。
多少の好き嫌いはあるかもしれませんが、これがド・ルーベの傑作であることは間違いないでしょう。

あと、DVDの画質はとても良いと思いましたです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TB有難うございます
マサヤさん仰る通り 嬉しいんだか、悲しいんだかわからないサウンドですよね。コンスタンタン&カルディナーレを失い茫然のベルモンドのバックにこのサウンド! 普通は合わないですよね。でも何度か観てるうちに違和感がなくなっちゃいましたね。一度聴いたら忘れられない… ド・ルーベ・マジックなのでしょうか。
ジュリアン 2008/10/09_Thu_01:54:52 編集
ド・ルーベ・マジック
ジュリアンさん
こちらこそTBありがとうございました。
ド・ルーベの音楽は、ご指摘の通り“ド・ルーベ・マジック”としか言いようのない、不思議な調べですよね。
マサヤ@管理人 URL 2008/10/10_Fri_00:55:22 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ベルモンド一発目!… 『ラ・スクムーン』
 記念すべき(何の記念や?)ジャン・ポール・ベルモンドのサントラ一発目 『ラ・スクムーン』 普通なら『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』あたりから入っていくのが妥当なのかもしれないけどへそ曲がりな性格なもので… それとこれにしよう!って思うきっかけがありましたので… ねぇ、Astayさん ベルモンド、クラウディア・カルディナーレ、ミシェル・コンスタンタン共演 監督・脚本は『冒険者たち』『暗黒街のふたり』等ドロン映画でもお馴染みのジョゼ・ジョバンニ この映画、最初TVで観たはずやけどアカン、記憶か...
URL 2008/10/09_Thu_01:51:07
[188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ