忍者ブログ
ルネ・クレール監督の『巴里祭』を国内盤DVD(紀伊国屋書店)で観た感想。

以前もこの映画について簡単な感想を書いている。(リンク

冒頭のパリの街並みのシーンからして雰囲気抜群。
セットらしいが、いかにもそれらしい風情が感じられるのがいい。
個人的には『巴里の屋根の下』のヒロインだったポーラ・イレリが、ここではファム・ファタール風の悪女を演じているのが興味深い。
ある意味、『巴里の屋根の下』以上に本領発揮といった感じか。
ヒロインのアナベラは、それに比べると色気といい官能性といい子供っぽく見えてしまうが、だからこそ彼女ならではの魅力を発揮していると言えるだろう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1055] [1049] [1053] [1046] [1051] [1045] [1044] [1047] [1043] [1042] [1041]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ