忍者ブログ
フィリップ・ラブロ監督の『刑事キャレラ 10+1の追撃』(71年)を国内盤DVDで観た感想。

この映画についてはこのブログで7年前に簡単なレビューを書いているが、その時は確かレンタルVHSを観たと記憶している。
今回は以前買ったままほったらかしにしていた国内盤DVDをようやく観た。

前回のレビューでは前半がかったるいと書いているが、今回はそんなことは感じなかった。
謎の連続殺人事件を追うキャレラ刑事、というのがこの映画の基本的な図式だが、その殺人事件の真相が分かってくる過程が大変面白い。
原作はエド・マクベインだが、脚本もよく出来ているのだろう。
舞台となったニースというロケーションも良く、かなりの秀作だと思う。

監督のフィリップ・ラブロはメルヴィルの“精神的息子”と言われたほど深い結びつきのあった愛弟子の一人で、メルヴィルの“最後の晩餐”も共にしている。
今でもメルヴィル関連のドキュメンタリーにはほとんど顔を出す、生前のメルヴィルを知る重要人物の一人である。
この作品の監督当時はまだメルヴィル健在であり、折につけアドバイスをもらっていたらしい。
(フィリップ・ラブロについては以前のこちらの記事を参照)

それにしても、驚くほど豪華なキャスティングの映画だ。
主人公刑事キャレラ役のジャン=ルイ・トランティニャンはもちろん、ドミニク・サンダラウラ・アントネッリカルラ・グラヴィーナと揃ったイタリア女優たちに交じって、ステファーヌ・オードランまで出ているのである。

ステファーヌ・オードランといえば、ジャン=ルイ・トランティニャンと結婚していた時期が50年代に短期間ながらあり、この映画の頃はクロード・シャブロルと結婚していたはず。
日本では元ダンナの主演映画に出るというのはなかなか考えづらいが、あちらの人たちは平気なのだろうか。
しかも、この映画ではどういう訳か胸元がガランと開いたセクシーな格好で出ているのが不思議である。

不思議といえば、映画の前半でドミニク・サンダのヌードシーンが何の脈絡もなく映るのもかなり不思議であった。(ラウラ・アントネッリならともかく笑)
日本の女優ならば必然性がどうのと騒ぎそうなところであるが、あちらのスター女優たちは裸になる必然性など考えないのだろうか。
まぁ、ドミニク・サンダは他の映画でも数多くヌードを披露しているし、そのあたりの度胸が極東の国の女性たちとは根本的に違うのだろう。(もちろん私は極東の国の奥床しい女優たちも大好きだ)

ただ、豪華女優共演の割にはそれぞれが絡むシーンが無く、ドミニク・サンダ以外は出演シーンも少なめなのが残念といえば残念。
この中では出演シーンは短めながら個人的にラウラ・アントネッリが良かったが、つい期待してしまったお色気シーンは残念ながら皆無であった・・・。

フィリップ・ラブロ監督はこの後(73年)、ジャン=ポール・ベルモンド主演の傑作『相続人』を撮ることになるわけだが、これも是非とも国内DVD化して欲しいものである。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[790] [778] [793] [788] [787] [786] [785] [783] [782] [780] [779]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ