忍者ブログ

以前拙ブログで好きなジャズアルバムベスト20なんてものを選んだが、今回はその中からスタン・ゲッツカフェ・モンマルトル』を取り上げたい。

これはスタン・ゲッツが最晩年にデンマークコペンハーゲンのクラブで行なったライヴ録音から、ベスト・テイクを収録したライヴ・コンピレーション・アルバムである。

ゲッツは晩年、このクラブで3枚のライヴ・アルバムを残している。
エマーシー・レーベルに残した『アニヴァーサリー』(87年)、『セレニティ』(87年)、『ピープル・タイム』(91年)の3枚で、いずれも優れた演奏内容のアルバムばかりだが、一番有名なのはケニー・バロンとのデュオ『ピープル・タイム』だろう。

実際のところ、このアルバム『カフェ・モンマルトル』には『ピープル・タイム』からも半数以上の5曲が選ばれているから、『ピープル・タイム』を選んでも良いのだが、私個人は『ピープル・タイム』よりもこの『カフェ・モンマルトル』の方がアルバムとして好きなのだ。

ちなみに、87年の演奏を記録した『アニヴァーサリー』、『セレニティ』はクァルテット編成であり、このアルバムにはそこから4曲選ばれている。
メンバーはゲッツの他ケニー・バロン(p)、ルーファス・リード(b)、ヴィクター・ルイス(ds)の4人。

それにしても、ここに記録された音楽の 美しさは尋常ではない。
すべてバラード演奏のみと言ってよい選曲であるが、ゲッツ、ケニー・バロン両者の音色の美しさと演奏内容の素晴らしさが相まって、えにも言われぬ音楽が展開されている。
晩年のゲッツはバロンのことを『自分の片腕のような存在』と言っていたらしいが、その言葉も納得のいく素晴らしいコンビネーションである。



ちなみに『ピープル・タイム』は数年前に7枚組の完全版も発売された。
今のところ未聴だが、いつかは手に入れて聴いてみたい。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[794] [796] [795] [757] [789] [790] [778] [793] [788] [787] [786]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ