忍者ブログ

パリ旅行4日目の続き。

『サムライ』でジェフ・コステロが殺人の代理人と会うために降りた駅が13区のポルト・ディヴリー駅であることは前回書きました。
その代理人と直接会う場所はどこかの鉄橋なので、それを突き止めるのが最大の目的でしたが、その辺りをウロウロしてみても残念ながらそれらしき場所には当たりませんでした。(意外にも近辺に中華街が広がっています)
鉄橋であるわけですから、線路がなくてはならないわけですが、それが見つけられなかったのです。
ただし、帰り際、地図を見ていてそれらしき場所があることに気づきましたが、ポルト・ディヴリー駅からはかなり歩くようです。

この日は同じ13区のジェンネル通りにあったというメルヴィルの個人撮影所「STUDIOS JENNER」跡地を探すことも大きな目的でしたので、時間の関係もあったので鉄橋はとりあえず諦め、ジェンネル通りへと向かいました。

ジェンネル通りと簡単にいいましても、日本で売っているパリ関連のガイドブックにはまず載っていません。
私はあらかじめ下調べもせず、現地の街頭にある地図を見ればなんとかなるのでは?とほとんど行き当たりばったりで出掛けましたが、幸いどの辺りにあるかはそれで知ることができました。
地下鉄6号線のナシオナル駅が一番近いようでしたので、そこで降りることにしました。
6e35cbff.jpeg
ジェンネル通りはすぐ見つかりました。


なだらかな坂道で、約200メートルほどの短い通りです。
しかし、ハッキリ撮影所の跡地と分かるような場所は見つかりません。
それらしいと言えばなくはないのですが、なんとも分かりません。
駅から向かって右側に病院がありますので、おそらく左側にあったと想像はできましたが・・・。
b4ae53c0.jpegここで頼りになったのが、クライテリオン盤『仁義』の特典映像に出ている在りし日の撮影所の映像ですが、その記憶を辿っても、スタジオ跡地だとハッキリ分かる場所には残念ながら思い至りませんでした。
ホテルに帰ってから、クライテリオン盤『仁義』の特典映像を再見し、ますます分からなくなりました・・・。
どうやらジェンネル通りと、隣のジャンヌ・ダルク通りにまたがっているようにも見えます・・・。

その後、地図をじっくり見ていて一つ謎が解けました。
私は6号線の北側の通りのみ見ていて、南側は見ていなかったのです!
なんたる失策!
それでも『仁義』の特典映像を観る限り、北側にあるような感じもあり、なんとも言えません。
とにかく、このままでは終われませんので、今回の旅行中に再びこの地を訪ねたいと思っています。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ