忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジャック・ドレー監督の『友よ静かに死ね』を国内盤DVD(紀伊国屋書店)で観た感想です。

9c8883ee.jpegLE GANG』(76年)
監督:ジャック・ドレー
製作:アラン・ドロン
原作:ロジェ・ボルニッシュ
脚本:アルフォンス・ブーダール、ジャン=クロード・カリエール
撮影:シルヴァーノ・イッポリティ
音楽:カルロ・ルスティケリ
出演:アラン・ドロン、ニコール・カルファン、ロラン・ベルタン、アダルベルト・マリア・メルリ、ラウラ・ベッティ

製作・主演アラン・ドロン、監督ジャック・ドレーのコンビによる40年代を舞台にしたギャング映画。
原作のロジェ・ボルニッシュの名前は聞き覚えのある方も多いでしょう。
そう、あの『フリック・ストーリー』(同じくジャック・ドレー監督の75年の作品)でアラン・ドロンが演じた実在の刑事の名前です。
とはいえこの作品の内容は刑事が主役のモノではなく、戦後のフランスに君臨したという実在のギャングとその仲間たちの結びつきを主に描いています。

この邦題はどこか重苦しい題材を想像させるタイトルですが、内容はいたって明るく、アラン・ドロンの子供のように若々しい演技が観られる作品です。
カーリー・ヘアのアラン・ドロンということで当時話題になった作品ですが、今改めて作品を見直してみると、ヘア・スタイルも思ったより違和感がなく、役柄も魅力的です。
ストーリーも面白く、肩肘張らずに楽しめる娯楽作品です。
とりわけ、父親のようにドロンを育てた元大物ギャングとのエピソードが感動的。

仲間のギャングたちも容姿、演技ともに良く、ドロンの相手役のニコール・カルファンもなかなかいいです。
こころなしかあの『ボルサリーノ』を彷彿とさせる軽やかな音楽(カルロ・ルスティケリ)も映画によく合っています。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なんで カーリー?
公開前に雑誌でドロンのカーリーヘアのフォト見たときには思わず ”なんで?”って叫んでました。似合ってないし やけにニヤケた感じだったんで… しかしNカルファンは綺麗で良かったですね 今では何の違和感もなく観られるようになりました。
ルスティケリの音楽は仰るとおり『ボルサリーノ』っぽくて作品によく合ってましたね バラエティ番組でもこのテーマ 時々使われてるのを耳にします
ジュリアン URL 2009/05/16_Sat_18:11:49 編集
髪型
ジュリアンさん
TBありがとうございます。
今観てみますと思ったよりは違和感ないですが、やっぱりカーリーは本来のドロンさんの髪型ではないですよね。
この作品ならでは、ということでしょう。

おっしゃるとおりルスティケリの音楽はテレビでたまに耳にしますね。
マサヤ URL 2009/05/17_Sun_12:44:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
#44 『友よ静かに死ね』
『友よ静かに死ね』(1976) 音楽… カルロ・ルスティケッリ ドロンがカーリーヘアーで5人組シトロエン・ギャングのボスを演じる オリジナルはLP 日本ではキングレコードから前作『ブーメランのように』に続いて セリフ入りLPがリリース! 収録曲 A面1.友よ静かに死ね   2.愛のスーヴェニール B面1.永遠の贈りもの 1曲が組曲形式で収録時間が長くセリフをたっぷり収録している この当時キングはセリフ入りバージョンに力を入れていて『ラスト・コンサート』や 『華麗なる関係』等...
URL 2009/05/16_Sat_18:14:18
[300] [299] [298] [297] [296] [295] [294] [293] [292] [291] [290]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/14 マサヤ@管理人]
[04/10 mon]
[11/07 マサヤ@管理人]
[11/06 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ