忍者ブログ

ジャン=リュック・ゴダール監督の『女は女である』(シネフィル・イマジカ)を国内盤DVDで観た感想です。

af8a0c2a.jpegUNE FEMME EST UNE FEMME』(61年)
監督:ジャン=リュック・ゴダール
原案:ジュヌヴィエーヴ・クリュニ
脚本:ジャン=リュック・ゴダール
撮影:ラウール・クタール
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:アンナ・カリーナ、ジャン=ポール・ベルモンド、ジャン=クロード・ブリアリ、マリー・デュボワ、ジャンヌ・モロー、カトリーヌ・ドモンジョ 
 
再見。
ゴダールの長編第3作で、初のカラー作品。
DVDの解説によれば、フランスコープという撮影方法の違うシネマスコープが用いられたワイドスクリーン作品であり、出演者が歌わないミュージカル映画としても知られた作品です。
以前観た時はかなり楽しめた作品でしたが、今回久々に観て、特に前半部分がどことなく退屈に感じられました。

他にいろいろなゴダール作品を観た後だからでしょうか、個人的に、この作品のアンナ・カリーナに後年ほどの魅力を感じません。
この『女は女である』はゴダールとアンナ・カリーナの結婚直前という幸福な時期に撮られた作品であり、確かにそういった雰囲気は魅力的であるものの、後の二人の関係が悪化してからの作品の方が、アンナ・カリーナの女優としての一層の個性、魅力が記録されているように思います。

それと、以前観た時は、この作品はもっと明るい印象があったのですが、今回見直してみて、それほど明るくないなぁ、という印象を持ちました。
何故なんでしょう。
ジャン=ポール・ベルモンドジャン=クロード・ブリアリの役柄がどことなく中途半端で、二人の魅力が今一つという印象だからでしょうか。
もしかすると、男の立場からでは身につまされるようなシーンが多いせいかもしれませんね。

また、今回見直してみて、私は、この作品にミュージカルというよりも、ミシェル・ルグランのオペラ作品のようなイメージを感じました。
音楽はブツ切れながらも始終鳴っているのに、出演者の会話は続くという、ある意味アリアのないオペラ、つまりレチタティーヴォの連続といった感じなんですよね。
もちろん、ルグランの音楽は充分に魅力的なので、それはそれで面白いのですが。

あと、途中でのシャルル・アズナブールの歌のシーンは、何か妙にズシリと来ました。
歌詞はかなりヘンですが、あの歌はいいと思いました。

また、アズナブールといえば、マリー・デュボワが『ピアニストを撃て』の話をしたり、ワンシーンのみ出演のジャンヌ・モローが『突然炎のごとく』の話を振られたりと、この時代の他のヌーヴェル・ヴァーグの作家たちとゴダールの親密な関係も思い起こさせる作品でもあります。

ちなみに、ベルモンドがカリーナを口説く際に話していた女性の二通の手紙のエピソードは、後に『パリところどころ』(65年)で、ゴダール自身が映画の題材として使うことになります。

今回私が観たDVDは、以前発売されていた方のもので、画質はあまりよくありません。
ポップな色彩感覚が楽しめる作品ですので、できれば良い画質で観たいところ。
撮影監督ラウル・クタールが監修したという、現在発売されているHDリマスター盤の画質はどうなのでしょうか。
機会があれば、そちらのDVDで是非一度観てみたい作品ではあります。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
アンジェラ
この作品のアンナ 結構好きなんですよ
特に「アンジェラ」を歌うシーン 初めて観た時から目に焼きついてしまって… 後の『アルファヴィル』での美しさとはまた違ったアンナって感じです。アンナはニコニコしててもテーマ自体はそんなに明るくないんでマサヤさんの仰る通りかもしれないですね。ゴダールの音楽の使い方は斬新と無謀は紙一重って思っちゃいますね。作曲家ルグランは正直このブツ切れ効果 どう思ってたのかなんて考えちゃいます。
ジュリアン URL 2009/05/05_Tue_00:59:12 編集
アンナ
ジュリアンさん
TBありがとうございます。
私もこの作品を初めて観た時は、アンナの魅力に強烈に惹かれたのですが、いつからか好みが変わったんでしょうか、ゴダールとのコラボ後期の少々毒のある(?)存在感のアンナの方に惹かれるようになってしまったようです。
もちろん、これはこれで好きなんですが。

ルグランの音楽は、それだけをじっくり聴いてみたい魅力的なものですよね。
マサヤ URL 2009/05/06_Wed_00:41:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
私はただの女よ… 『女は女である』
先日久方ぶりに『アンナ』を鑑賞 そしていつも当ブログにコメントをいただくマサヤ氏が運営されているブログ 【Le Circle Rouge】の方で『アルファヴィル』についてコメント ”『アルファヴィル』のアンナが一番美しい!”… 本日『女は女である』を鑑賞 監督ジャン・リュック・ゴダール 出演アンナ・カリーナ、ジャン・クロード・ブリアリ、ジャン・ポール・ベルモンド 以前に 「アンナはアンナである」ってタイトルで記事にしたっけ  (以前の記事です!)http://blogs.y...
URL 2009/05/05_Tue_01:00:22
[295] [294] [293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[12/14 mon]
[12/04 マサヤ@管理人]
[12/02 アキ]
[11/18 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ