忍者ブログ

ジャン=リュック・ゴダール監督の『メイド・イン・USA』を国内盤DVD(ハピネット・ピクチャーズ)で観た感想です。

6cf07b19.jpegMADE IN U.S.A.』(67年)
監督:ジャン=リュック・ゴダール
原作:リチャード・スターク
脚本:ジャン=リュック・ゴダール
撮影:ラウール・クタール
音楽:ベートーヴェン、シューマン
出演: アンナ・カリーナ、ラズロ・サボ、ジャン=ピエール・レオー、マリアンヌ・フェイスフル、小坂恭子

再見。
アンナ・カリーナを主人公とした女探偵もの。
60年代に実際にフランスであった警察とギャングの癒着を描いたという原作の映画化とのことです。

ところで、以前この作品を初めて観た時、どうしても通して観ることができませんでした。
マリアンヌ・フェイスフルが『アズ・ティアーズ・ゴー・バイ』をアカペラで歌うあたりになるとなぜか強烈な睡魔が襲ってきて…。
結局、2、3度チャレンジして、ようやく通して観れたのでした。
そのせいもあってか、ゴダール×アンナ・カリーナの作品中では、つまらない部類の作品というイメージが私の中では記憶されてしましました。

3dade64f.jpegで、今回久しぶりに見直して見たのですが、前回の印象がなんだったのかというくらい、びっくりするくらい良かったのです。
といって、ストーリーが理解できたとか、政治的な言葉の意味が理解できたとかいうわけではありません。
その辺りは相変わらず意味不明。
役名すらキチンと追うことができませんでしたし、どこか『アルファヴィル』っぽい声のテープレコーダーの左翼アジテーションはほとんど理解できません。

しかし、アンナ・カリーナが例によって強烈に魅力的で、彼女の顔、ファッション、演技を観ているだけで、個人的には充分なのでした。
この作品はアンナ・カリーナが出演したゴダール作品の最後に当たる作品ですが、ゴダールもそれを予感していたせいでしょうか、アンナ・カリーナをひたすら愛でているような撮り方をしています。
とにかく彼女のアップが多い!

271e2885.jpegまた、アップが多かったのでよく分かったのですが、彼女の唇の微妙な演技(変化?)が素晴らしかった。
色とりどりの彼女のファッションも魅力的で、彼女の立ち振る舞いを見ているだけで、ストーリーや理解を超えた魅力を放っている作品となっているように思います。

それに、この作品は、アンナ・カリーナのファッションに代表される、ゴダールらしいカラフルな映像感覚が冴え渡っている作品です。
使われている音楽はベートーヴェンシューマンで、音楽のぶつ切りの使い方が相変わらず巧い。
ただ、『運命』(?)の一節以外は何の楽曲か分かりませんでした。

他のキャストでは、いつもゴダール作品にチョイ役で登場するラズロ・サボが、ここまでちゃんとした演技をしている作品は貴重かもしれません。
ジャン=ピエール・レオーの訳の分からない存在感も印象的で、彼ならではの適役ぶり。
無表情な刑事たちの佇まいも、また作品に合っています。
映画監督フィリップ・ラブロがラストシーンに出ています。(フィリップ・ラブロについては以前のブログ記事を参照)

DVDの画質は、まずは満足できるものでした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
アンナ続きましたね!
この作品と睡魔の関係… 思いっきり同感です
ゴダールの政治色が強くなりだしてストーリーがやや難解に感じてしまい 以前は最後まで観れなかったです。だけどアンナはやっぱり素敵で彼女のイメージビデオ感覚で鑑賞してみると最後まで観ることができました。マリアンヌのシーンってかなり不思議ですね。ここで「As Tears~」とは… ただSTONESに壊されてしまう前なんでまだ可憐なルックスでした。
ジュリアン URL 2009/05/05_Tue_01:08:24 編集
マリアンヌ、ストーンズ
ジュリアンさん
ゴダールの政治色は私も苦手なんですが、アンナだけを観ていれば(実際アンナが出ずっぱりなんですが)この作品は充分に楽しめることに気づきました。

マリアンヌの出演シーンもおっしゃる通り不思議なシーンでした。
この後ゴダールはストーンズと『ワン・プラス・ワン』を撮るわけですが、なにかと因縁を感じちゃいますね。
マサヤ URL 2009/05/06_Wed_00:44:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
マリアンヌの「As Tears Go By」… 『メイド・イン・USA』
今回またまたアンナ・カリーナ 1966年作品 『メイド・イン・USA』 監督はジャン・リュック・ゴダール 出演 アンナ・カリーナ、ラズロ・サボ、ジャン・ピエール・レオ、ジャン・クロード・ブイヨン ジャーナリストのポーラ(カリーナ)はかっての愛人リシャール・ポ…… が死んだと聞く 彼の死をめぐってポーラの周りにはスパイ、殺し屋、情報屋たちがやって来る 彼女の周りでは次々と殺人事件が起こり パリ警察のアルドリッチ刑事(ブイヨン)が捜査に乗り出す 刑事との接触の中 トップ屋だったリシ...
URL 2009/05/05_Tue_01:09:18
[296] [295] [294] [293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ