忍者ブログ
アラン・コルノー監督の『メナース』(77年)を国内盤DVD(IVC)で観た感想。

真夜中の刑事』(76年)に引き続きアラン・コルノー監督とイヴ・モンタンが組んだ作品。
脚本は監督自身とダニエル・ブーランジェ、撮影はトリュフォー作品で有名なピエール=ウィリアム・グレン、 音楽はバリトン・サックスの巨匠ジェリー・マリガン

無実の罪を課せられた女を助けるために男が偽装工作を働く、というポリス・スリラー。
運送会社が舞台だけにトラックが大きな役割を果たしている。
モンタンとトラックといえばクルーゾー監督の『恐怖の報酬』(52年)だが、肉体派としての魅力のあった当時に比べ、この映画ではすっかり落ち着いた中年男性に成長しているので、なんとなく違和感がある。

後半はアクションシーンもあるが、全体としてはかなり静かな映画という印象が強い。
ストーリーもかなり回りくどく、また説明もほとんどないので(メルヴィル風?)、場面ですぐに状況を把握できなかったりするのが難。
二人のヒロイン、キャロル・ロールマリー・デュボワも、どこか使い方が勿体ない感じが残る。(もっともマリー・デュボワはこの作品でセザール賞助演女優賞受賞)
ジェリー・マリガンの音楽も必要最低限しか使われておらず、もっと使い道はなかったのかと思う。

それでも最後まで画面に惹きつけられたのはモンタンの存在感と、刑事役のジャン=フランソワ・バルメが良かったからだ。
46年生まれのジャン=フランソワ・バルメは当時30そこそこで、かなり複雑な性格の刑事役を見事に演じ、セザール賞助演男優賞にノミネートされている。

国内盤DVDの画質は特別良くもないが、悪いというほどでもない。
画面が暗いシーンが多いのは画質のせいなのか撮影のせいなのか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[815] [816] [814] [813] [812] [811] [810] [809] [807] [806] [805]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ