忍者ブログ

Criterion盤DVD『仁義』の特典映像に収録された、助監督ベルナール・ストラのインタビューの続きです。


アメリカの友人

image100.gifメルヴィルはアメリカ人になりたがっていました。
彼はアメリカに対して大きな憧れを抱いていたのです。
それは奇妙なほどです。

メルヴィルのポリス・スリラーは非常にフランス的ですが、それは、フランス的ではない、ある神話の枠内のものでもありました。
それはアメリカ映画の、とりわけアメリカのフィルム・ノワールの神話によって、大きな影響を受けたものでした。
彼はアメリカに対し大いなる愛情を抱き、それが彼を駆り立てていたのです。

彼は巨大なアメリカ車に乗っていました。
そして、彼の大好きなものの1つであったパリ環状道路が当時建設中でした。
彼が好きであったものの1つが、深夜に、私を環状道路のドライブに連れ出すことだったのです。
彼は1人でいることを好まず、私を乗せて、大音量で音楽を流しながら、巨大なアメリカ車でドライブしたのです。
ステレオはその当時の最新型のもので、8トラックのテープ、と呼ばれていたと思います。
突然、彼はどこか他の場所にいるような気持ちになって言うのです、
「kiddo 、キレイだろ? 美しいと思わないか?」
その広い高速道路は、彼にとって、まるでアメリカの、ロサンゼルスの高速道路のように感じられたのでしょう。
彼はそのことに感動していました。

私は彼がナイーブな人間だったとまでは言いませんが、彼のアメリカに対する愛には、良い意味で、どこか純真なものがありました。

この項続く。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [143] [142]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ