忍者ブログ

Criterion盤DVD『仁義』の特典映像に収録された、助監督ベルナール・ストラのインタビューの翻訳の続きです。


ブールヴィルの変貌

image108.gifブールヴィルはもともと出演予定ではなく、リノ・ヴァンチュラが演じる予定でした。
しかし、メルヴィルは他人と喧嘩するという素晴らしい才能があったため、ヴァンチュラと仲違いしてしまいました。
メルヴィルに「ブールヴィルを起用すべきだ。」と進言したのはプロデューサーのロベール・ドルフマンです。
メルヴィルがこう話したのを覚えています、
「愚かなアイデアだ、 刑事役のブールヴィルなんて! 彼が口を開ける度に、『La Tactique Du Gendarme』や『Les Crayons』 - ブールヴィルが歌っていた歌謡曲 - を歌い始めるのを期待してしまうぞ。」

メルヴィルはブールヴィルをメルヴィル的俳優であるとは捉えていませんでしたが、前にお話したように、メルヴィルは俳優を指導せずとも、俳優を自らの宇宙に引き入れる並外れた才覚を持っていました。
私は彼がどのようにブールヴィルに対処したか覚えています。
メルヴィルはブールヴィルに何か説明したり、議論をしたりしませんでした。
それはメルヴィルのやり方ではないのです。
彼は3つの側面から始めました。

まず、最初にメルヴィルは、有名なパリの仕立屋- どこだったか覚えていませんが -でブールヴィルのためスーツを誂えました。
ブールヴィルは田舎出の素朴な男で、このようなスーツを着ない人でした。
彼はスーツを買う余裕はありながらも、そうしなかったのですが、一方、メルヴィルは非常にお洒落で、生地屋、仕立屋、靴屋、帽子屋などを知っていました。
ブールヴィルは、人生で初めて、自分の体に完璧に合った上等なテーラードスーツを着ました。
彼は鏡を見て言いました、「おい、なんて男前なんだ!」

次に、ブールヴィルは少し禿げかかっていましたので、メルヴィルはブールヴィルのためにかつらを作らせました。
鏡の中の自分の姿を見て、ブールヴィルはそれが自分自身だとほとんど識別できなかったほどです。

それから我々は彼を有名な帽子屋に連れて行き、ソフト帽を試着させました。
ブールヴィルはソフト帽をかぶらない人でした。
ソフト帽は当時すでに流行遅れのスタイルでしたからね。

こうして、ブールヴィルの外見は日毎に変化していき、ブールヴィルは以前の彼ではなくなっていました。
ブールヴィルも、他の人たちと同様、お似合いの服装の着心地が悪いはずもなく、以前とは違う人間、仕事ぶりとなっていったのです。


この項続く。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ