忍者ブログ

またもやリー・モーガンのリーダー・アルバムのご紹介。

51DFW462W5L__SL500_AA240_.jpgLEE MORGANTOM CAT
①Tom Cat②Exotique③Twice Around④Twilight Mist⑤Rigormortis
リー・モーガン(tp)、ジャッキー・マクリーン(as)、カーティス・フラー(tb)、マッコイ・タイナー(p)、ボブ・クランショウ(b)、アート・ブレイキー(ds)
録音:64年8月(ブルー・ノート)

何故か長らくオクラ入りだったアルバムで、そのせいか、いまだに国内盤のCDは発売されていない。
しかし、これはリー・モーガンの隠れた名盤である。(タワレコやHMVの大手輸入盤店ならばRVGリマスターのアメリカ盤が比較的容易に入手できる)

お蔵入りになったのが信じられないほど参加メンバーも魅力的だが、とにかくこのアルバムは内容が素晴らしい。
④だけがマッコイ・タイナーの作品で、他はすべてリー・モーガンのオリジナル。
収録曲全てがいいが、やはりというか、御大アート・ブレイキーのスケールの大きさ、“雰囲気作り”に魅了される。
①の冒頭から一挙に惹きつけられるが、こういった演奏を聴くと、他のドラマーとは格が違うと改めて思わされてしまう。

そして、続く②がアルバムのクライマックスと思いきや、③が更に素晴らしい。
リー・モーガンのソロもいいが、ジャッキー・マクリーンのソロが短いながら最高。
これぞジャズ、これぞハード・バップといった最高の曲、演奏である。

④はバラードだが、ここではピアノのマッコイ・タイナーが信じがたい美音を聴かせる。
前にも書いたが、ブルーノートのマッコイは本当にいい。
⑤は前半3曲に比べれば若干テンションが落ちるが、このトラックが悪いというより前半3曲が良過ぎるのである。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367] [366] [365]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ