忍者ブログ

以前紹介した私の好きなジャズ・アルバム・ベスト20の中から今回取り上げるのは⑲(順位ではありません)に挙げたマイルス・デイヴィスマイルス・イン・ベルリン』。

e18c997c.jpeg①マイルストーンズ②枯葉③ソー・ホワット④星影のステラ⑤ウォーキン⑥ゴー・ゴー(テーマ&アナウンスメント)
マイルス・デイヴィス(tp)、ウェイン・ショーター(ts)、ハービー・ハンコック(p)、ロン・カーター(b)、トニー・ウイリアムス(ds)
64年 ベルリン・ジャズ・フェスティバルの行われたベルリン・フィルハーモニック・ホールでライヴ録音

ジャズのベストアルバム20に入れるくらいだから、マイルス・デイヴィスのアルバム中でもとりわけ好きなアルバムであるのは当然だが、それと同時に個人的に思い入れの強いアルバムでもある。
学生時代にこれからジャズを聴こうと思い立ち、始めにレンタルしたCDの中の一枚がこれだったからだ。

当時マイルス・デイヴィスのものが何か聴きたかったのだが、見るからに良さそうな雰囲気のCDがレンタル店にこれしかなかった。
メンバーも曲もよく分からぬままにこのCDを借りたのだが、音楽のあまりのカッコ良さに衝撃を受け、お陰でジャズに目覚めてしまい、以後20数年聴き続けているというわけだ。
そういう意味では実に罪深いCDであるとも言える。

個人的な思い入れは別としても、このライヴ・アルバムは今聴いても実に素晴らしい。
マイルスのライヴ盤は他のものもかなり聴いたが、ウェイン・ショーターが初参加したばかりというグループ内のテンションの高さと演奏内容の見事さ、収録楽曲の魅力など、一枚のアルバムとしてのバランスではやはりこれが一番だと思う。

メンバーも誰が良いとか悪いとか言う以前にとにかくこのアルバムの全てがカッコいい。
とりわけ①は何度聴いても感動してしまう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
64年のマイルス
ライブ盤のマイルスといったら、64年のマイルスは凄く良いですよね。

『マイ・ファニー・バレンタイン』『フォア・アンド・モア』『マイルス・イン・トーキョー』そしてこの『マイルス・イン・ベルリン』どれも64年のマイルスの素晴らしいライブ盤の作品ばかりですね。

この64年にマイルスが初来日したようですが、もし夢が叶うなら、この時期のマイルスの演奏、是非とも生で観てみたいですね…。


66 2009/09/21_Mon_02:26:13 編集
マイルス・クインテット
66さん
ご指摘のライヴ盤もすべて64年でしたね。
65年になるとこのクインテットは『プラグド・ニッケル』のようなフリーの要素を含んだまた別の次元に達しますが、64年のライヴの方が個人的には好きですね。
特に『マイ・ファニー・バレンタイン』は『マイルス・イン・ベルリン』と同じくらい好きかもしれません。
マサヤ 2009/09/22_Tue_00:08:38 編集
吹きまくるマイルス!
スタジオ盤のクールなマイルスももちろん素晴らしいですが、ライヴの熱いマイルスもいいですよね。
個人的には『Four & More』を爆音で聴くのが大好きです。
micchii URL 2009/09/25_Fri_17:49:10 編集
『フォア・アンド・モア』
micchiiさん
『フォア・アンド・モア』はハードなマイルスが聴けるという意味では最高ですよね。
実はマイルスではミュートよりもオープンの音色の方が好きなので、元気が欲しい時?には『フォア・アンド・モア』をよく聴きます。
マサヤ 2009/09/26_Sat_00:53:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ