忍者ブログ

ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の『フランス式十戒』を国内盤DVD(紀伊国屋レーベル)で観た感想。

LE DIABLE ET LES DIX COMMANDEMENTS』(62年)
監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
脚本:ジュリアン・デュヴィヴィエ、ルネ・ヴァルジャヴェル
撮影:ロジェ・フェルー
音楽:ジョルジュ・ガルヴァランツ、ギ・マジャンタ、ミシェル・マーニュ
出演:フランソワーズ・アルヌール、シャルル・アズナヴール、ジャン=クロード・ブリアリ、ダニエル・ダリュー、アラン・ドロン、フェルナンデル、メル・ファーラー、ミシュリーヌ・プレール、マドレーヌ・ロバンソン、ミシェル・シモン、リノ・ヴァンチュラ、ジョルジュ・ウィルソン、ルイ・ド・フュネス

 
初見。
7話からなるオムニバス映画で、そのすべてをジュリアン・デュヴィヴィエが監督している。

デュヴィヴィエ監督のオムニバス映画といえば『舞踊会の手帖』(37)が日本では有名だが、実はデュヴィヴィエ監督は生涯に6本のオムニバス映画を撮っているのだという。
それだけに、オムニバス映画の“コツ”を知り尽くした監督だったのかもしれず、この作品も『十戒』という我々日本人には馴染みにくいテーマのはずなのだが、とにかく7話のエピソード全てが面白い

例えば、『第2話』なんてマックス・オフュルス監督の『たそがれの女心』(53)やジャック・リヴェット監督の『王手飛車取り』(56)と似たような話だが、にもかかわらず面白い。
フランソワーズ・アルヌールミシュリーヌ・プレール(『偽れる装い』)の二人の女優も実にいい。

全体的に、他に印象的だった俳優はダニエル・ダリューフェルナンデル、そしてミシェル・シモンといったあたりか。
ストーリーが面白いのはもちろんだが、とにかく出演者が豪華なので、観ていて飽きない作品である。

ジャン=クロード・ブリアリというヌーヴェル・ヴァーグを象徴する俳優が“守旧派”のデュヴィヴィエ監督の作品に出ているのも珍しいが(『第6話』)、観ていて全く違和感がないというのも興味深い。
それにしても、ブリアリという人は、そこにいるだけでヌーヴェル・ヴァーグの匂いを醸し出す俳優だ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
アルヌール!
とにかく出演者が豪華な作品ですね。
フランソワーズ・アルヌールの話、フェルナンデルの話あたりが特にお気に入りですね。アルヌールは本当に美しい!!
ミシェル・マーニュの音楽 いい感じで好きなのですが このサントラはなかなか発掘されないですね
ジュリアン URL 2009/09/24_Thu_23:07:38 編集
フランス式十戒
ジュリアンさん
オムニバスって一般的になんとなくつまらない印象があったのですが、これはホントに面白かったですね。
ちょっと老けた感じのアルヌールも色気があって良かったですし、フェルナンデルの話も良かったです。
この作品のサントラが発掘されたら聴いてみたいです。
マサヤ 2009/09/26_Sat_00:47:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367] [366] [365] [364]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ