忍者ブログ
●『』(49年、監督:ロバート・ワイズ、出演:ロバート・ライアン、オードリー・トッター)

』は八百長の絡んだボクシングの試合をサスペンスタッチで描いた作品で、完璧といってよいような完成度の高さを誇る作品。
劇中の時間と実際の映画の上映時間を同時進行させる設定も見事。(昔観た『真昼の決闘』でも同じような設定があった)
ボクシングに特に興味のない人には、映画で俳優のファイトシーンを見せられるのは如何かと思われるだろうが、この作品はセコンドや観客の表情、反応だけでも充分映画になっている。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この映画は僕も傑作だと思います。

>セコンドや観客の表情、反応だけでも充分映画になっている

全くそのとおりですね。他に、控え室での選手達のやりとりなども印象的でした。
TBさせていただきます^^
user t URL 2009/03/11_Wed_05:44:47 編集
ロバート・ワイズ
user tさん
コメント&TBありがとうございます。
ロバート・ワイズ監督はノワールの作家でもありますが、この作品は見事でした。
『拳銃の報酬』など、他のノワール作品の国内DVD化にも期待がかかります。
主演のロバート・ライアンも良かったですから、また近く見直してみたい作品です。
マサヤ@管理人 URL 2009/03/11_Wed_10:17:22 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『罠』ロバート・ワイズ監督(1949) ★★★★
名匠ロバート・ワイズ監督のボクシング映画です。 <物語>ストーカー・トンプソン(ロバート・ライアン)は、すでに盛りを過ぎた35歳のボクサーである。今宵の相手は目下売り出し中のタイガー・ネルソン。勝ち目のない試合と踏んだストーカーのマネージャーは、本人に無断でギャングの八百長の誘いに応じ、金を受け取ってしまう。何も知らないストーカーは、妻ジュリー(オードリー・トッター)との新たな生活を夢見てリングに上がるが・・・ 感想は・・・これは本当に渋い映画でした。構成にムダがなく、か...
URL 2009/03/11_Wed_05:45:58
[113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ