忍者ブログ

melvilleonmelville.jpg久々にメルヴィル本『サムライ―ジャン=ピエール・メルヴィルの映画人生』(ルイ・ノゲイラ著 井上真希訳 晶文社刊)の話題。

今さら言うまでもありませんが、この本はインタビュー形式でメルヴィルの生の肉声を活字化した、ファンにとってはまことに貴重な本です。
日本語版は2003年に出版されましたが、この本がなければ、私のファンサイトもこのブログも存在しなかったでしょう

一部では著者ノゲイラ氏の質問のツッコミが浅いとか批判もあるようですが、初版本はメルヴィルの生前(1971年11月)に出版されていますから、内容は当然メルヴィル自身チェックを入れているはずで、ノゲイラ氏が活字化を希望した問答に対して、メルヴィル本人が許可を出さなかったという可能性も否定できないでしょうし、実際そういった例は少なくないものと思われます。
それを思えば、一概にノゲイラ氏だけを責められるわけでもありません。
むしろ、この本が世に存在することを(しかも日本語版が!)深く感謝したいと私は思います。

ところで、この本がamazon中古価格が高騰していましたので、もしや絶版?と調べてみたのですが、e-honでは“現在取扱いできません”、楽天ブックスでは“品切れ”、セブンネットショッピングでは“絶版重版未定”と表示されていますので、まことに残念ですが、既に絶版なのかもしれません。
肝心の出版元の晶文社のページにハッキリと絶版と表示されているわけではないので確信はありませんが。

私がネット上で調べた中ではブックサービスではまだ取扱いがあるようです。
このブログをご覧になるような皆様はほとんどの方がすでに所有されていると思われますが、もしまだお持ちでない方があれば、まだ書店に在庫が置いてある可能性もありますので、早めのご購入をおすすめいたします。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ノゲイラ本
ブックサービスも品切れになったようです。
マサヤ@管理人 2011/01/05_Wed_23:01:08 編集
早くないですか?
貴重な本だけにもし絶版なら本当に惜しいですね。私は2009年の特集上映の後に購入しましたが、この本は一度読んで終わりというよりメルヴィルの作品を繰り返し見るたびに読み返して自分の気持ちを深めていける、私にとっては無くてはならない先生のような存在の本です。でも出版元が絶版としていないなら今後また特集上映されて需要が高まれば、増刷されるかも?でしょうか。
mon 2011/01/06_Thu_23:28:20 編集
早いですよね
monさん
この本の素晴らしさを見事に言い表して下さって感謝いたします。
この本は我が国のメルヴィル需要に大きな影響があったと思われますので、本当に絶版なら残念としか言いようがありませんね。
マサヤ@管理人 2011/01/08_Sat_00:19:48 編集
参考までに
出版社に僅かながら在庫が残っていたらしく、本日ブックファースト経由で注文が出来ました
ブックサービスでは現在在庫無しとなっておりますが、注文すると出版社から取り寄せてくれるかもしれません
tes 2011/01/11_Tue_13:37:18 編集
ノゲイラ本在庫情報
tesさん
貴重な情報ありがとうございます。
まだ定価で手に入るようなので、気になっている方はどんどん注文してほしいと思います。
マサヤ@管理人 2011/01/11_Tue_23:57:39 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[522] [521] [520] [519] [518] [517] [516] [515] [514] [513] [512]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ