忍者ブログ

TOHOシネマズシャンテで開催されているゴダール映画祭2010で『右側に気をつけろ』を観てきました。

右側に気をつけろ』『SOIGNE TA DROITE』(87年)
監督・脚本:ジャン=リュック・ゴダール  
撮影:カロリーヌ・シャンプティエ 
音楽:レ・リタ・ミツコ
出演:ジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・ペリエ、ジャック・ヴィルレ、ジェーン・バーキン

たぶん初見。
もしかしたら以前DVDで観たかもしれない。(『勝手に逃げろ/人生』あたりと混同しているかも)

それはともかく、これは傑作
もちろんこの時代のゴダール映画だから、ストーリーを追う映画ではない。
が、例によっての映像の洪水、音の洪水、言葉の洪水…が只ならぬ密度の濃さと説得力を備えており、その充実ぶりは60年代の諸作にも劣らない。

名優フランソワ・ペリエ(『サムライ』『仁義』)、ジェーン・バーキンら有名俳優も出演しているが、出番は多くなく、役柄もよくわからない。
本筋?と並行する形でレ・リタ・ミツコの音楽が制作されてゆく過程が捉えられているが、その音楽の魅力で飽きさせない。

結局、今回のゴダール映画祭で観れた作品は『フォーエヴァー・モーツァルト』と『右側に気をつけろ』の2本だけでしたが、80年代以降のゴダール映画の面白さを再認識した感があり、個人的にはその点が大きな収穫。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[517] [516] [515] [514] [513] [512] [511] [510] [509] [508] [507]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ