忍者ブログ

多くのメルヴィル作品の撮影監督を務めたフランスの名キャメラマン、アンリ・ドカ(Henri Decae 1915-1987)とメルヴィルの関係について、何回かに分けて書いてみたいと思います。
(以前はアンリ・ドカエと表記したこともありましたが、ドカに統一しようと思っています)

まず、ドカが撮影監督を務めたメルヴィル作品ですが、年代順に『海の沈黙』、『恐るべき子供たち』、『賭博師ボブ』、『モラン神父』、『フェルショー家の長男』、『サムライ』、『仁義』の7作品になります。
メルヴィルの監督した長編作品は全13作品ですから、その約半数を務めたことになります。
この中で一般的に多く知られている作品としては『恐るべき子供たち』、『サムライ』、『仁義』といったところになるでしょう。

image7.gifところで、私はこれまでドカの顔写真を見たことがほとんどありませんでした。
ここに紹介する写真は、クライテリオン盤DVD『仁義』の特典ディスクに収録されたルイ・ノゲイラのインタビューに出てくるドカの写真です。(クリックすると大きくなります)
今回調べてみて驚きましたが、ドカはメルヴィルよりも2歳年上です。(いつ頃の写真でしょうか・・・本や雑誌で他のドカの写真をご覧になった方はいらっしゃいますか?)

言うまでもなく、ドカはメルヴィル作品のみならず、といいますかむしろそれ以上に他の監督の作品で大きな成功を収め、フランスを代表するキャメラマンの一人となりました。
主だったフィルモグラフィーです。
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=539
50~60年代の活躍ぶりがなんといっても目を引きますが、中でも有名なのは、ルイ・マル監督の『死刑台のエレベーター』、『恋人たち』、ルネ・クレマン監督の『太陽がいっぱい』、フランソワ・トリュフォー監督の『大人は判ってくれない』、クロード・シャブロル監督の『いとこ同志』あたりでしょうか。
80年代になるとさすがに仕事の量がぐっと少なくなっていますが、それでも亡くなった年(87年)まで仕事をこなしています。
ドカは特にヌーヴェル・ヴァーグの監督たちによく起用されましたが、これはメルヴィルの『恐るべき子供たち』でのドカの撮影が彼らに高く評価されたためだと言われています。
シャブロルが『いとこ同志』の撮影において、『恐るべき子供たち』と同様の撮影方法をドカに求めたという話は有名です。

面白いのは『太陽がいっぱい』でメルヴィルよりも早くアラン・ドロンと一緒に仕事をしていることです。
ルネ・クレマン監督に高く評価されたドカは、『生きる歓び』、『危険がいっぱい』でも撮影監督を務め、ドロンとも大変親しくなったといいます。

山田宏一著『山田宏一のフランス映画誌』には、氏が70年代半ばにドカにインタビューした際のエピソードが出てきますが、『サムライ』以前からメルヴィルはドカに「ドロンに会わせてくれ」と頼んでいたということです。
しかし、二人のことをよく知っているドカは、メルヴィルとドロンでは上手くゆくはずがない、と考え、紹介する手はずを整えませんでした。

ところが、ついに『サムライ』でこの3人が一緒に仕事をすることになります。
結果的に素晴らしい作品となったことで、ドカはメルヴィルに「ほら、上手くいったじゃないか。もっと早く会わせてくれればよかったのに。」となじられたとのことですが、ドカとしては、(メルヴィルとドロンが上手くいったのは)何かが狂ったからだ、と考えていたとのことです。
つまり、メルヴィルとドロン、どちらかに何らかの妥協や変化があったから上手くいった、という意味と捉えればよろしいでしょうか。

山田氏の本には、ドカの言葉として『サムライ』以後メルヴィルは商売(ビジネス)のことばかり考えるようになったとあり、このドカの証言が、山田氏言うところの『サムライ』以後メルヴィルは通俗化した、堕落した、との認識にも重なります。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お写真
マサヤさん
アンリ・ドガさんの記事興味深く読まさせていただいてます
私でも知っているのですから大変有名なお方かと思います
お写真についての記事にコメントしたかったのでこちらに書きますが
確か、以前どこかでお顔を拝見したような気がして今色々見てましたら
山田宏一氏著の『トリュフォー・ある映画的人生』の中にありました
『大人は判ってくれない』での警察署のシーンの打ち合わせ現場のようです
ドガさんとトリュフォー監督の他ジャック・ドゥミ監督とゴダール監督も写ってます
思い出して私もホッとしてます
Astay URL 2007/07/22_Sun_03:35:03 編集
ドカ氏の写真
Astayさん
コメントありがとうございます。
ご指摘のドカの写真、私も見つけました。
やはり山田宏一氏の『友よ映画よ、わがヌーヴェル・ヴァーグ誌』、それに『わがフランス映画誌』にも同じものを見つけました。
現在は出先なので、確認はできませんが、『トリュフォー・ある映画的人生』も所有しておりますので、帰宅しましたら見てみますね。
写真はスキャンしましたので、いずれ紹介したいと思います。
管理人@マサヤ URL 2007/07/23_Mon_01:14:43 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ