忍者ブログ
ジャン・グレミヨン監督の『白い足』を国内盤DVD(『珠玉のフランス映画名作選 DVD-BOX Vol.1』)で観た感想。

出演:シュジ・ドレール、フェルナン・ルドゥー、ポール・ベルナール、ミシェル・ブーケ、アルレット・トマ

呪われた映画作家”と言われるジャン・グレミヨン監督の映画は観られる機会が少ないが、昨今少しずつDVD化がなされている。
この『白い足』はもともとジャン・アヌイが脚本を執筆、監督もする予定だったが、撮影2週間前になってグレミヨンに委託してきたのだという。
グレミヨンは監督を受諾するにあたって、脚本の手直し、時代を20世紀初頭から現在に置き換えること、出演俳優の変更を条件にしたと言われる。(DVDの解説参照)
タイトルの”白い足”とは、古城に一人住む伯爵(ポール・ベルナール)がいつも白いゲートルを履いていることを指す。

内容はいかにもこの時代のフランス映画らしい不条理な悲劇。
観る者をどんどん惹き付ける演出力が見事である。
ただ、観ている間はこれは大傑作だと思っていたのだが、ラスト10分くらいになってから理解できない展開となった。
撮影直前に脚本の手直しをしたせいなのか、人物の心理的変化の描写が丁寧とは言えず、唐突な印象を与えるところもある。(大筋から言えばそれほど気にならないが)

ヒロインのシュジ・ドレールは、ルネ・クレマン監督『居酒屋』の印象が強烈な女優だが、これもそれに劣らぬ演技と存在感。
モリス役を演じたミシェル・ブーケはこれがデビュー作でさすがに若く、私は初め誰か分からなかった。(ただし、目はあの目)
宿屋亭主ジョリアン(DVDの解説書にはジュリアンと記されているが、映画中の発音はジョリアン)役のフェルナン・ルドゥーはこの時代のフランス映画好きには馴染みの顔で、『曳き舟』(グレミヨン)、『獣人』(ルノワール)『悪魔が夜来る』(カルネ)『赤い手のグッピー』(ベッケル)といった出演作がある。
伯爵役のポール・ベルナールはいかにもそれらしい雰囲気があるが、役の心理がもう一つ伝わってこないのは演出のせいなのか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[996] [994] [990] [993] [992] [984] [985] [981] [986] [989] [978]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/23 mon]
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ