忍者ブログ
ジョゼフ・L・マンキーウィッツ監督の『5本の指』を国内盤DVDで観た感想。

5 FINGERS』(52年)
脚本:マイケル・ウィルソン
撮影:ノーバート・ブロディン
音楽:バーナード・ハーマン
出演:ジェームズ・メイスン、ダニエル・ダリュー、マイケル・レニー

第二次大戦中の中立国トルコを舞台にしたスパイ・サスペンス。
事実を基にした映画らしく、屋外のシーンは実際の場所を舞台に撮られたとのこと。
52年という戦後間もない時期だからこそ可能であったのだろう。

それにしても見応えのある傑作。
主演がジェームズ・メイスンダニエル・ダリューといういかにも作品に相応しい国際色豊かなキャスティングだが、この二人がとにかく素晴らしい。
ラストのアイロニーもすごい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1018] [1015] [1012] [1011] [1021] [1010] [1008] [1009] [1020] [1007] [1005]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
忍者AdMax
アーカイブ