忍者ブログ
ジョゼフ・L・マンキーウィッツ監督の『他人の家』を国内盤DVDで観た感想。

HOUSE OF STRANGERS』(49年)
脚本:フィリップ・ヨーダン
撮影:ミルトンR.クラスナー
音楽:ダニエル・アンフィシアトロフ
出演:エドワード・G・ロビンソン、スーザン・ヘイワード、リチャード・コンテ、ルーサー・アドラー

マンキーウィッツ監督お得意の回想形式で家庭不和の問題を描いた作品だが、これも密度の濃い傑作である。
あの『ゴッドファーザー』を思わせる部分がなくもない。
事実上の主演はリチャード・コンテだが、父親役のエドワード・G・ロビンソンの熱演ぶりにも驚かされるし(カンヌ映画祭主演男優賞)、スーザン・ヘイワードの美女っぷりもたまらない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[991] [1013] [1018] [1015] [1012] [1011] [1021] [1010] [1008] [1009] [1020]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ