忍者ブログ
リチャード・フライシャー監督の『静かについて来い』を国内盤DVDで観た感想。

FOLLOW ME QUIETLY』(49年)
脚本:リリー・ヘイワード
撮影:ロバート・デ・グラス
音楽:レオニード・ラープ
出演:ウィリアム・ランディガン、ドロシー・パトリック、ジェフ・コーリー

60分程度の映画だが、時間の短さを感じさせない中身の濃さで堪能した。
雨のシーンから始まるオープニングといい、連続殺人犯が雨の日に犯行を犯すという設定といい、いかにもフィルム・ノワールらしい映画である。

連続殺人鬼を必死に追う刑事と、それに付きまとうことによってスクープ記事を狙う若い女記者の姿が描かれているが、犯人を模したのっぺらぼうのマネキン人形の印象もなかなか強烈。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1010] [1008] [1009] [1020] [1007] [1005] [1014] [1004] [1003] [1006] [1002]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
[11/09 影]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ