忍者ブログ
エマニュエル・リヴァが亡くなりました

89歳だったそうです。
彼女の代表作は言うまでもなく『二十四時間の情事(ヒロシマ・モナムール)』(59年、アラン・レネ)ですが、メルヴィルの『モラン神父』(61年)も決して忘れられてはならない作品でしょう。

実は一週間くらい前に『モラン神父』を観ました。
改めて思い起こすことは数多くあったのですが、リヴァとベルモンドの演技力の凄さ、これはやはり並大抵のものではないですね。
もちろん、それを引き出したメルヴィルの演出力も賞賛されてしかるべきだと思います。
そして、この映画のリヴァは本当に美しい
『二十四時間の情事』の彼女も美しいと思いますが、贔屓目でなく『モラン神父』の彼女の方がより美しいように思います。

今考えても、『モラン神父』というメルヴィル監督の映画にエマニュエル・リヴァが出演したというのは信じられない思いがします。
たった一度の邂逅でしたし、『モラン神父』はおよそメルヴィルらしからぬ作品内容でしたからね。
結果として一本の素晴らしい映画が世に生み出されたわけですから、本当に奇跡的といいますか、感謝しかありません。

数年前まで『モラン神父』がDVD化されておらず、幻の作品であったように、エマニュエル・リヴァの出演作はほとんど日本ではDVD化されていません。
特に私が観たいのはジョルジュ・フランジュ監督、フィリップ・ノワレ共演の『テレーズ・デスケルウ』(62年)という映画です。
モーリヤック原作の映画ですが、リヴァらしからぬ悪女を演じているらしく、興味が尽きません。
これを機にDVD化されると良いのですが。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
本当に残念
モラン神父の印象が強いのでヒロシマモナムールを観たときは髪の色も違うしえらく違う感じがしたのを思い出しました。
モラン神父で同僚をひっぱたくシーンが個人的には好きです。
マサヤさんがおっしゃるとおり他の女優さんにはない美しさがありましたね。
mon 2017/02/08_Wed_15:14:50 編集
『モラン神父』ビンタのシーン
monさん

『モラン神父』のビンタのシーンは最高ですね。
その後に踵を返して去っていくところも、呆然とした同僚と和解するところも大好きです。
小さいシークエンスかもしれませんが、あの映画の中でも印象的なシーンの一つだと思います。

仰るとおり、『モラン神父』の彼女はヒロシマモナムールの時とは見た目の印象もかなり違いますね。
マサヤ@管理人 2017/02/09_Thu_22:28:49 編集
[1011] [1021] [1010] [1008] [1009] [1020] [1007] [1005] [1014] [1004] [1003]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
忍者AdMax
アーカイブ