忍者ブログ

エリック・ロメール監督の『モンソーのパン屋の女の子』を国内盤DVD(紀伊国屋書店)で観た感想です。

61ee1d4e.jpegLA BOULANGERE DE MONCEAU』(63年)
監督:エリック・ロメール
脚本:エリック・ロメール
撮影:ジャン・ミシェル・ムリス
出演:バルベ・シュローデル、ミシェル・ジラルドン、クローディーヌ・スブリエ

再見。
エリック・ロメール監督の連作『六つの教訓物語』の第一作に当たる作品で、上映時間26分という短編映画。
時間は短い分、ストーリーもシンプルな作品ですが、いかにも若い頃にありがちな恋愛模様が面白く、観る度に楽しめる作品です。
パリのロケ撮影もいかにもヌーヴェル・ヴァーグを思わせるもので魅力的。

1aa5d3ad.jpegキャストでは、シルヴィ役のミシェル・ジラルドンも美しいですが、パン屋の娘ジャクリーヌ役のクローディーヌ・スブリエの存在感がなかなか強烈ですね。

主演のバルベ・シュレデールは、ロメールの年下の友人(21歳差!)で、62年に共に映画製作会社『レ・フィルム・デュ・ロザンジュ』を創立。
DVDの解説書によれば、この作品の最終的な製作も『レ・フィルム・デュ・ロザンジュ』、つまりシュレデールがプロデューサーです。

シュレデールは後にはプロデューサー以外に、映画監督としても活躍します。(監督作にピンク・フロイドを音楽に起用した『モア』『ラ・ヴァレ』など)
なお、どういうわけか、この作品では、バルベ・シュレデールの声の吹替えをベルトラン・タヴェルニエが担当しています。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
好きな作品です
マサヤさん
私この作品好きです!
たった24分間の短い作品ですが、印象的です
パン屋の女の子がサブレーを包むあの仕草がお見事で
真似したくなります(笑)

>どういうわけか、この作品では、バルベ・シュレデールの声の吹替えをベルトラン・タヴェルニエが担当しています。

そう言えば、、、
と思ってCSで録画していたものを再度見直しましたが
冒頭に説明書きがあり
「録音時にバルベ・シュレデールの都合が付かず
ベルトラン・タヴェルニエが担当した・・・」と書かれてました
当時多忙だったのでしょうかね
Astay URL 2009/04/28_Tue_00:01:15 編集
吹替えの理由
Astayさん
この作品お好きとのことで、同志が見つかって良かったです(笑)。
ベルトラン・タヴェルニエが吹替えを担当した理由も教えて下さってありがとうございます。
マサヤ URL 2009/04/28_Tue_01:21:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/23 mon]
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ