忍者ブログ

オットー・プレミンジャー監督の『歩道の終わる所』を国内盤DVDで観た感想。

WHERE SIDEWALK ENDS』(50年)
監督:オットー・プレミンジャー
脚本:ベン・ヘクト
撮影:ジョセフ・ラシェル
音楽:シリル・J・モックリッジ
出演:ダナ・アンドリュース、ジーン・ティアニー、ゲイリー・メリル、バート・フリード、トム・テューリー、カール・マルデン 

再見。
監督がオットー・プレミンジャー、主演がダナ・アンドリュースジーン・ティアニーの二人といったらなんといっても『ローラ殺人事件』(44)が有名であるが、この作品も決してそれに劣るものではない。
良心の呵責に苦しむ刑事の姿をダナ・アンドリュースが熱演。
ジーン・ティアニーはしどころが少ない役だが、ラヴ・シーンの時の潤んだ瞳がいい。
ラストは個人的には納得。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[434] [433] [432] [431] [430] [429] [428] [427] [426] [425] [424]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ