忍者ブログ

ロベール・アンリコ監督の『若草の萌えるころ』を国内盤DVD(デックスエンタテインメント)で観た感想。

TANTE ZITA』(68年)
監督:ロベール・アンリコ
原作:リシュエンヌ・アモン
脚本:リシュエンヌ・アモン、ロベール・アンリコ、ピエール・ペルグリ
撮影:ジャン・ボフェティ
音楽:フランソワ・ド・ルーベ
出演:ジョアンナ・シムカス、カティーナ・パクシヌー、ホセ・マリー・フロタス、ベルナール・フレッソン、ポール・クローシェ、シュザンヌ・フロン
 
再見。
新しい国内盤DVDが発売されたばかりだが、私が観たのは旧国内盤である。
旧盤の画質はもう一つ。
新しい国内盤は“HDニューマスター”と謳っているからそちらの方が画質は良いだろう…たぶん。

それにしても、久々に観直してこの隠れた(?)名作を堪能した。
アンリコ&シムカス&ド・ルーベといったらなんといっても『冒険者たち』だが、これもそれに劣らない傑作である。
ジョアンナ・シムカスが出ずっぱりで彼女のファンには堪らないし、独特のせつなげな幻想的ムードも魅力的。
周囲もベルナール・フレッソンポール・クローシェシュザンヌ・フロン等、この種の作品にはもったいないほどの豪華キャスト。
原題の[Tante Zita]とはジータおばさんの意だが、そのおばさんを演じたカティーナ・パクシヌーはあの『若者のすべて』で兄弟たちの母親役を演じている女優。
ずっと寝ているだけの役だが、さすがの存在感としか言いようがない。

また、この作品のロケーション撮影が本当に魅力的。
とりわけ、後半に登場する古い屋敷、幻想的なシーンの数々はド・ルーベの音楽の美しさと相まって、たまらなく切なく、美しい。
  
ちなみに原作&脚本を手がけたリシュエンヌ・アモンはアンリコ夫人で、先日このブログでも紹介したルイ・マル監督の『恋人たち』に女優として出演しているという話もある。
アンリコとシムカスは愛人関係だったなんて話もあるし、一体この3人はどんな関係だったのかしら。

もちろん、忘れてはならないのがフランソワ・ド・ルーベの音楽で、スペイン風?のギターの調べがなんとも美しく、彼の代表作の一つだと思う。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[429] [428] [427] [426] [425] [424] [423] [422] [421] [420] [419]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ