忍者ブログ

ロイ・ウィリアム・ニール監督の『黒い天使』を国内盤DVD(ブロードウェイ『フィルム・ノワール ベスト・コレクション DVD-BOX Vol.1』)で観た感想。

BLACK ANGEL』(46年)
監督:ロイ・ウィリアム・ニール 
脚本:ロイ・チャンスラー 
撮影:ポール・アイヴァノ 
音楽:フランク・スキナー 
出演:ダン・デュリエ、ジューン・ヴィンセント、ピーター・ローレ、ブロデリック・クロフォード、コンスタンス・ドーリング、ウォーレス・フォード
 
初見。
フィルム・ノワール的雰囲気という意味ではこのところ観た作品の中では際立っている。
それだけでも充分魅力的ではあるが、傑作というには物足りなさが残る。
個人的にはなんといっても脇にピーター・ローレが出ているのが嬉しいが、主演のダン・デュリエジューン・ヴィンセントともに存在感や華に乏しく、全体的なキャスティングが地味な印象は否めない。
演技は決して悪くないが…。
音楽が時に映画の内容よりも仰々しく響くのも興ざめだ。

PR
ジョン・ファロー監督の『大時計』を国内盤DVD(ブロードウェイ『フィルム・ノワール ベスト・コレクション DVD-BOX Vol.1』)で観た感想。

THE BIG CLOCK』(48年)
監督:ジョン・ファロー 
脚本:ジョナサン・ラティマー 
撮影:ジョン・サイツ  
音楽:ヴィクター・ヤング 
出演:レイ・ミランド、チャールズ・ロートン、モーリン・オサリヴァン、ジョージ・マクレディ、リタ・ジョンソン、ダン・トービン
 
初見。
ブロードウェイというレーベルから『フィルム・ノワール ベスト・コレクション DVD-BOX Vol.1』と『フィルム・ノワール ベスト・コレクション DVD-BOX Vol.2』が発売されていることはノワール・ファンの方ならとっくにご存知だろう。(もうすぐVol.3が発売になる予定)

私もずっと気になっていたが、なにぶん高価なこともあり、購入に二の足を踏んでいた。
先日ようやく踏ん切りがついて、このDVD-BOXを2巻とも購入、少しずつ観始めている。
 BOX2巻分で16作品もあるので、当然作品に多少の出来不出来はあるが、昨日取り上げたオットー・プレミンジャーのDVD-BOX含め、1940年代のアメリカのフィルム・ノワールの世界にじっくり浸れるのは実に嬉しい。

今回取り上げるのはジョン・ファロー監督の『大時計』。

新聞社が舞台ということもあってか、観た印象としては、フィルム・ノワールというよりもサスペンス映画という感じ。
まあ、普通に面白かったけど。
主演のレイ・ミランドチャールズ・ロートンともに魅力的で、脇役に至るまでキャストが皆良い味を出している。
フィルム・ノワール云々という以前にサスペンス映画の佳作として観て損のない映画だと思う。

あの『サムライ』の元ネタとしても有名なフランク・タトル監督の『拳銃貸します』(42年出演:)がジュネス企画から6月25日に国内DVD化されます。
言うまでもなく、アラン・ラッドヴェロニカ・レイク、主演の二人が素晴らしいフィルム・ノワール。
これまではジュネス企画から出ていたVHSをコピーしたもので鑑賞しておりましたが、画質もそれなりでしたので、DVDで観られるのはやはり嬉しいですね。

エイブラハム・ポロンスキー監督の『悪の力』を国内盤DVD(紀伊国屋書店)で観た感想。

FORCE OF EVIL』(48年)
監督:エイブラハム・ポロンスキー
脚本:エイブラハム・ポロンスキー、アイラ・ウルファート
撮影:ジョージ・バーンズ
音楽:デヴィッド・ラクシン
出演:ジョン・ガーフィールド、ビアトリス・ピアソン、トーマス・ゴメス、ロイ・ロバーツ、マリー・ウィンザー

再見。
この映画については以前感想を書いている。(リンク
その時は『苦い報酬』という邦題だったが、国内DVD化にあたって『悪の力』という邦題に変更になったようだ。
確かに『悪の力』の方が原題に近いわけだが、『苦い報酬』という邦題で馴染んできたせいか、正直まだ違和感がある。

それはそうと、前回書いたレビューを読むと、今回感じた印象とさして変わらない。
映画の内容が変わるわけではないので当然といえば当然であるが、DVDの画質はさすがにVHSとは比べ物にならないくらい良い。

新刊本『さらば愛しきサスペンス映画』(逢坂剛・川本三郎著、七つ森書館)を読了。

つい最近出たばかりの本で、お二人のサスペンス映画好きによる対談集
とても面白く、あっという間に読み終わりました。

とにかく著者のお二人がすごい物知りで、会話が弾む弾む。(その分取り留めのない会話になっていると思われる部分もありますが・・・)
アメリカの戦前戦後のフィルム・ノワールを中心に、フランス、イギリスのサスペンス映画についてのお話も多く、もちろん、メルヴィル映画も取り上げられています。(そんなに多くないけど)

タイトルに“サスペンス映画”とは謳っているものの、実際はフィルム・ノワールの本と言ってよいんじゃないかと思います。
かなりおすすめ。
内容についてはこちらを参照

ロマン・ポランスキー監督の『チャイナタウン』を国内盤DVDで観た感想。

CHINATOWN』(74年)
監督:ロマン・ポランスキー 
脚本:ロバート・タウン 
撮影:ジョン・A・アロンゾ 
音楽:ジェリー・ゴールドスミス 
出演:ジャック・ニコルソン、フェイ・ダナウェイ、ジョン・ヒューストン、バート・ヤング、ペリー・ロペス、ジョン・ヒラーマン、ダレル・ツワリング

約10年ぶりくらいの再見。
以前観た時は少し難渋な感じもあったのだが、今回は全く魅了された。
やっぱりこれは大傑作。

メイキングによればレイモンド・チャンドラーの探偵小説の世界を参考にしたらしいが、実際ニコルソンが死体を発見するシーンなど、チャンドラーの小説を読んでいるような感覚にとらわれた。
ジャック・ニコルソンはルックスが苦手なので決して好きな俳優というわけではないのだが、演者として、なにか面白いことをしでかしてくれそうな雰囲気が魅力だ。
相手役のフェイ・ダナウェイも当然のことながら演技、存在感ともに素晴らしい。
ただ、親父役のジョン・ヒューストンは、演技が大味というか、どこかワザとらしい感じがして積極的には押せない。

あと、現行のDVDは画質がイマイチなので、早急なブルーレイ化を望みたい。

ロバート・モンゴメリー監督の『湖中の女』を国内盤DVD(ジュネス企画)で観た感想。

THE LADY IN THE LAKE』(46年)
監督:ロバート・モンゴメリー 
原作:レイモンド・チャンドラー 
脚本:スティーヴ・フィッシャー 
撮影:ポール・C・ヴォーゲル 
音楽:デヴィッド・スネル
出演:ロバート・モンゴメリー、オードリー・トッター、ロイド・ノーラン、トム・テューリー、レオン・エイムズ、ジェーン・メドウズ

 
初見。
このところレイモンド・チャンドラーの小説を読み返していて、『湖中の女』『高い窓』『プレイバック』『かわいい女』の順で読み進んでいる。
どれも実に面白かったのだが、中でも個人的に良かったのが『湖中の女』であった。

それだけに、この映画は楽しみだったが、映画化に際して原作にあったかなりの部分がカットされてしまっており、正直、原作ほどの面白さはない。
なんでも、チャンドラーが自ら書いた脚本は長すぎてボツになり、他の脚本家のものに代えさせられてしまったのだという。
原作では湖からの死体発見シーンがワクワクするような面白いところなのだが、この映画では湖のシーンがすべてカットされてしまっているのでタイトル倒れの感すらある。
また、主演のフィリップ・マーロウ役と監督を務めたロバート・モンゴメリーの視点でカメラが動き、映画が進行するというのはこの映画のユニークな特徴だが、必ずしも成功とまではいえないような感じだ。

とはいえ、映画のタッチはこの時代の典型的なフィルム・ノワールのそれで、映画の雰囲気は大変魅力的だ。
もしかしたら、原作を読まずに映画を観ていたら、もっと楽しめた映画なのかもしれない。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
[11/09 影]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ