忍者ブログ

DVDを買ったまま、ほったらかしにしていた『高校教師』(『LA PRIMA NOTTE DI QUIETE』)をようやく観ました。
『リスボン特急』と同じく1972年の作品です。

監督:バレリオ・ズルリーニ
出演:アラン・ドロン、ソニア・ペトローバ、レア・マッサリ、ジャン・カルロ・ジャンニーニ

image41.gif映画冒頭の海岸沿いの風景からして、いかにもこの時代のイタリア映画という感じで、とても魅力的です。
雰囲気的に、昔観た『ラストコンサート』(監督:ルイジ・コッツィ)をなんとなく思い出しました。
そして、アラン・ドロンのうらぶれた、哀愁に満ちた役柄が印象的な映画です。
特にナイトクラブのシーンで、愛する女性が別の男性と踊っているところを見つめるシーンでの表情の演技は、素晴らしいと思いました。

昨年、ドロン氏がスマスマに特別出演した際、この作品を好きな作品ベスト5に入れていました。
正直なところ、『サムライ』が落ちて、この作品が選ばれたことにメルヴィル・ファンとしては軽い失望感を覚えましたが、実際にこの作品を観てみて、演技者としては、こちらの方を選びたくなる気持ちが分かった気がしました。
それくらい、この作品でのドロン氏は良い演技をしていると思います。
世間的には、作品の、暗く、重苦しい雰囲気が敬遠される傾向もあるかもしれず、そのあたり、この作品への好悪が分かれるところかもしれません。
私個人は結構好きですが…。

イタリア映画ということもあり、ドロンの声がイタリア語で吹き替えになっているようです。
普段聞きなれた彼の声とは違いますので、別の人の吹き替えでしょう。(違っていたら訂正お願いします)
なお、バレリオ・ズルリーニ監督の作品では、他に『激しい季節』(59年。出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、エレオノラ・ロッシ=ドラゴ)ぐらいしか観ていませんが、これも素晴らしい作品でした。

image42.gifドロン氏以外のキャストでは、友人役を演じるジャンカルロ・ジャンニーニが良かったですね。
ジャンニーニといえば、ルキノ・ヴィスコンティ監督の『イノセント』や、リドリー・スコット監督の『ハンニバル』の印象で、ヒゲのイメージが強いのですが、この作品ではヒゲを生やしていないこともあり、かなり違った印象を受けます。
他に、レナード・サルバトーリが珍しく“いい人”役で出ているのもちょっと嬉しかったりしましたし、ドロン氏とアリダ・ヴァリの共演というのも珍しいのではないでしょうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なるほど
『ラストコンサート』の冒頭も海岸でしたよね。
『高校教師』と違って明るい海でしたが…
この作品ドロンもgoodなのですが共演の
ソニア・ペトロバが光ってました。
あの目の演技 素晴らしかったです!
ジュリアン 2008/04/23_Wed_01:58:59 編集
無精ひげが印象的
確かに、、、邦版のDVDはイタリア語でしたね
暫く観てないのですが英語と日本語の音声も選択できたような
でも、フランス語の生声のも聞きたかったので
フランス製のPAL盤も購入してみました
やはりフランス語用に撮影されたフィルムのようで
微妙な映像の違いがあります

ドロン氏は無精ひげが異常にお似合いで
当時の女性ファンはこんなお姿にも反応したのでしょうね

ジャンニーニは最近『007・カジノロワイヤル』に出てましたよね
この方も昔は美形で可愛らしかったんですね

Astay URL 2008/04/23_Wed_15:37:13 編集
ソニア・ペトロバ
ジュリアンさん
『ラストコンサート』の冒頭はこれでもかというばかりにモン・サン=ミシェルが美しく描写されていましたね。
ソニア・ペトロバの目の演技も良かったですね。
マサヤ@管理人 URL 2008/04/24_Thu_00:18:56 編集
日本語音声
Astayさん
この作品、フランス語版もあるのですね。
やはり本人の声で観たいですよね。
日本盤DVDには野沢那智さんによる日本語音声も収録されていますが、まだ観ていません。
ジャンニーニ氏は『007・カジノロワイヤル』に出ていましたか。
確かにこの映画ではまだ可愛らしい感じですね。
マサヤ@管理人 URL 2008/04/24_Thu_00:23:11 編集
高校教師
マサヤ様おひさしぶりです。
高校教師の記事をトラバいたしました。よろしくお願い申し上げます。
演技者としてドロンさんの本作品に対する思い入れが強いとのご指摘、とても的を得ているように思います。
チェイサー URL 2008/04/29_Tue_09:44:26 編集
トラバ恐縮です。
チェイサー様
私の感想文もどきの稚拙な記事に対してトラバしていただき恐縮です。
この作品は、ドロン氏の演技者としてのある一面を如実に表した作品の一つだと思いました。
マサヤ@管理人 URL 2008/04/30_Wed_00:07:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
LE PROFESSEUR (2)
フランス版DVDアシェット・コレクションズのライナー・ノーツから この作品の興味深いエピソードをご紹介します。 ------------------------------------------------------------ 【ロマンチックで絶望的】 アラン・ドロンはヴァレリオ・ズルリーニ監督作『高校教師』の中で それまで身に着けてきていた重い甲冑を脱ぎすてた。 それまで演じてきた刑事やヤクザとは大きくかけ離れ、 アラン・ドロンは一人の女学生の魅力の虜になる教師の役を演じているのだ。 【相続...
URL 2008/04/29_Tue_09:40:13
[102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ