忍者ブログ
コスタ=ガヴラス監督の『Z』(69年)を再見。
この映画については以前記事を書いています。(リンク

最近、少々映画不感症気味で、DVDを観始めても途中でやめてしまったり、寝てしまったりと、観る機会が減りました。
こういう時は、文句なしに面白い映画を観るに限る!ということで観たのが『Z』というわけです。

今回再見して、改めて痛感しましたが、この映画の面白さは無類です
久しぶりに観たせいか結構細部を忘れているもので、かえって新鮮に観ることができました。

ざっとした感想は、以前書いた記事にほとんど書き尽くしている感じなのですが、やっぱり予審判事役のジャン=ルイ・トランティニャンが良過ぎますね。
彼が出ているシーンは、すべて名演技と言ってよいくらい素晴らしいです。
無表情一つで、あるいは、ちょっと表情を変えるだけでここまで魅せることができる演技力の凄さに圧倒されます。

また、この映画の豪華キャスティングにも改めて驚きますね。
イヴ・モンタン、イレーネ・パパス、ジャン=ルイ・トランティニャン、ジャック・ぺラン、フランソワ・ペリエ、ベルナール・フレッソン、シャルル・デネ、クロチルド・ジョアーノ、ピエール・デュ、ジュリアン・ギオマール、レナート・サルヴァトーリ、マルセル・ボズフィ・・・とイレーネ・パパスとレナート・サルヴァトーリ以外は当時のフランス映画のスターが揃った様は壮観としか言いようがなく、もうすべて印象的な役と言ってよいと思います。

長官役のピエール・デュ、次官役のジュリアン・ギオマールレナート・サルヴァトーリマルセル・ボズフィといった悪役連中のアクの強さが映画の面白さに多大な貢献をしています。
Z氏側でも、側近役のベルナール・フレッソンも良い味を出していますし、いくつかのトリュフォー作品で滑稽な役柄を演じているシャルル・デネが、ここではシリアスな役柄を見事に演じています。
また、シャブロルの『気のいい女たち』でのクール・ビューティーぶりが印象的だったクロチルド・ジョアーノが、こういった映画には意外なくらい良い収まり具合です。
映画の製作も担当したジャック・ぺランの新聞記者役も良かったですし、フランソワ・ペリエの貫禄、存在感の凄さは今さら言うまでもないでしょう。

前回私がこの映画の記事を書いたのが2008年で、その頃にはすでにDVDは廃盤になっていましたが、あれから8年たっても情けないことにいまだに廃盤のままです。(DVDのプレミアも上がっています)
そろそろいい加減ブルーレイあたり出てもいい頃だと思いますが、『告白』、『戒厳令』と続くモンタン三部作のこの冷遇ぶり、なんとかならないものでしょうか?

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[970] [968] [967] [966] [965] [964] [961] [962] [960] [959] [958]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ