忍者ブログ
ジャック・ロジエ監督の『アデュー・フィリピーヌ』を国内盤DVD(紀伊国屋書店)で観た感想。

再見。
良くも悪くもディレッタントな味を感じさせる作品で、必ずしも手放しで絶賛とはいかないが、なんとも言えない瑞々しい魅力のある青春映画
ゴダールから小難かしい文学性を取り払い、トリュフォーの物語性を薄めた作品といえばいいか。
作風として近いと言えばロメールかもしれないが、ロメールほど計算し尽くされた職人的な出来栄えではない。
だが、いかにもヌーヴェル・ヴァーグらしい映画であることは間違いないと思う。

キャストがほぼ皆映画初出演とのことだが、そうとは思えないほど自然な演技で、彼らの魅力的な容姿も映画の大きな魅力となっている。
映画前半でエレガントな音楽をバックに女の子二人がパリの街を歩くシーンが数分続くが、これがなんとも素晴らしい。
ルネ・マトランによるカメラワークも見事。

ところで、ジャック・ロジエは今も存命中である。
この紀伊国屋盤DVDのブックレットにジャック・ロジエの2001年のインタビューが掲載されている。

それによると、この映画の編集を巡ってプロデューサーのジョルジュ・ド・ボールガールと対立していた時に(ボールガールは映画が長すぎると感じていたらしい)、映画を観たジャン=ピエール・メルヴィルがボールガールにどこそこを削除したほうがいいと助言したという。
結果的にロジエは削除に応じたのであるが、そのインタビューの中で、ボールガールは若手作家に嫉妬していたメルヴィルの口車に乗せられた、という言い方をしている。

確かに当時メルヴィルにはロジエ他若手作家(いわゆるヌーヴェル・ヴァーグの連中)に対する多少のやっかみはあったかもしれないが、さすがにこれは言い過ぎではないか。
その削除のために、モニーク・ボノ(当時メルヴィル作品の編集を担当していた)が呼ばれてこの映画の編集を行うわけだが、やっかみや嫉妬があったのなら自分のところの有能な編集者を貸し出すだろうか。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1058] [1052] [1067] [1050] [1057] [1063] [1056]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ