忍者ブログ
ボブ・ディランが2016年に発表したアルバム『フォールン・エンジェルズ』をようやく聴いた。
シャドウズ・イン・ザ・ナイト』(2015年)に続くシナトラ・トリビュートの色合いの濃いカバー・アルバムである。

以前このブログでも紹介したようにシャドウズ・イン・ザ・ナイト』をかなり気に入った私だが、次のアルバム『フォールン・エンジェルズ』を聴く機会がこれまでなかったのは我ながら不可思議である。

ところで、最近は90年代以降のディランのアルバムを聴く機会が多かった。
とりわけ気に入ったのがブートレッグ・シリーズ第8集にあたる『テル・テイル・サインズ』。
主に90年代以降の未発表曲、バージョン違いの寄せ集めであり、この時期の声質に対する苦手意識もあってこれまで聴く機会があまりなかったのだが、ちゃんと聴いてみたらとんでもなく素晴らしい内容に驚いた。
もちろん『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』も久々に聴き直してその良さを再認識した。
他にもいろいろと聴いていくうちに近年のディランの声質にもさほど苦手意識を感じなくなったところで満を持して『フォールン・エンジェルズ』に手を伸ばしてみた次第。

そんなこんなでこのアルバムを聴いてみたのだが、正直なところ『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』ほどの良さは感じなかった
曲によって出来不出来がハッキリしているように感じられるのだ。

ダメな曲の大きな理由はディランのヴォーカルだ。
私は昔からディランを歌のうまい人だと思っているが、ここまでヘタなディランも珍しい

オール・ザ・ウェイ』などは前半はなんとか持ちこたえているが、後半がダメだ。
音程も怪しいし、曲が求めている歌のイメージを捉えきれていないように感じられてならない。
もしかしたら肝心なところでディラン特有の照れが出てしまったのか・・・。
ネヴァザレス』も音程が怪しく、あまり良くないように思う。

他にも、個人的に大いに期待した『オール・オア・ナッシング・アット・オール』『カム・レイン・オア・カム・シャイン』は残念ながらディランの声、歌い方に合った曲ではなかったようだ。
オール・オア・ナッシング・アット・オール』はアレンジの工夫でなんとか形になっているが、『カム・レイン・オア・カム・シャイン』はシナトラのスケールの大きな歌のイメージがあまりに強いために、貧相に聴こえてしまう。
曲自体短すぎるし、アレンジもどこか中途半端で、これならもっとアレンジをディラン寄りにして録り直すなどした方が良いかもしれない。

このシナトラ・トリビュート・シリーズは一発録りというのが一つの売りになっているが、当然リスクもあるわけで、これらの曲は悪い方向に針が振れてしまった一例なのかもしれない。

一方で、はっきり良いと思ったのは『ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス』。
ディランらしからぬ(?)大らかなヴォーカルが曲調に合っていると思う。
ザット・オールド・ブラック・マジック』もなかなかだ。
せめて全曲をこのイメージで歌っていただけたら・・・。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1078] [1062] [1066] [1073] [1072] [1071] [1069] [1064] [1068] [1058] [1052]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ