忍者ブログ

ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の『地の果てを行く』を国内盤DVDで観た感想です。
最近どういうわけか、ジャン・ギャバンの出演作をよく観ていますが、この作品もそうです。

image151.gifLa Bandera』(35年)
監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
原作:ピエール・マッコルラン
脚本:ジュリアン・デュヴィヴィエ、シャルル・スパーク
撮影:ジュール・クリュージェ
音楽:ジャン・ウィネル、ロラン・マニュエル
出演:ジャン・ギャバン、アナベラ、ロベール・ル・ヴィガン、ガストン・モド、レイモン・アイモ、ピエール・ルノワール

この作品、一年前くらいにレンタルビデオで観ましたが、その時はいろいろバタバタしていてレビューを書けませんでした。
今回、国内盤DVD(ジュネス企画)をレンタルしたので、再び観た次第です。
画質はあまり変わりない印象でしたが…(笑)。

ストーリーはといいますと、パリにて殺人事件を起こしてしまったジャン・ギャバン演じる主人公が、スペインに逃げ渡り、そこで身を隠すために外人部隊に入隊。
その後モロッコへと渡り、現地の女性と結婚するが、パリの事件を追ってしつこく付きまとう男の影に悩まされる…という内容。

とにかく映画のテンポが良いです。
製作年代から映像的には古さは否めませんが、内容は充分楽しめました。
外人部隊の描写もなかなか迫力がありますし、なんというか、ストーリー展開に無駄がないんですよね。

image150.gifそして、やはりジャン・ギャバンの魅力です。
先日観た『シシリアン』のような年老いてからの魅力も大したものですが、やはり若い頃の魅力は格別です。
ただ、『巴里祭』、『北ホテル』などでも知られるアナベラがモロッコの現地人らしいエキゾチックな扮装をしていますが、色黒のメイクが今観ると、かなりツライ。
あれでは、なにもアナベラでなくてもよい感じで、彼女のせっかくの良さが消えてしまっているような気がします。

あと、この映画は脇役が充実していますね。
ギャバンにしつこくつきまとうリュカを演じるロベール・ル・ヴィガンは表情が気味悪いくらいで存在感がありますし、ギャバンの友人ミュロを演じたレイモン・アイモ、隊長役を演じたピエール・ルノワールもいい味を出していました。
この時代のフランス映画の作品にことごとく出演している印象のガストン・モドも兵士役で出ています。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ