忍者ブログ

アンリ・ヴェルヌイユ監督の『シシリアン』を国内盤DVDで観た感想です。

image148.gifLE CLAN DES SICILIENS』 (69年)
監督:アンリ・ヴェルヌイユ
原作:オーギュスト・ル・ブルトン
脚本:ジョゼ・ジョヴァンニ、アンリ・ヴェルヌイユ、ピエール・ペルグリ
撮影:アンリ・ドカ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ジャン・ギャバン、アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ、イリナ・デミック

この作品、以前観た時はレンタル・ビデオでしたが、それはオリジナルのフランス語音声だったような気がします。(確信なし)
今回観た国内盤DVDは、オリジナルのフランス語音声ではなく、英語音声なので、ギャバン、ドロン、ヴァンチュラが英語でセリフをしゃべるという妙なことになっています。
この作品のDVDは、DVD化以前から切望していましたが、発売前に英語音声であることが分かったのでしばらく買う気になりませんでした。(当DVDには日本語の吹き替えも収録されていますが、未聴です)
先日、某中古店で安く売られていたのでようやく購入しましたが、英語音声であることは分かっているので、その点をできる限り気にしないように、期待半分で観始めました。

とはいえ、観始めると、やはり英語には違和感があります。
英語音声であることにとりわけ違和感が強いのはリノ・ヴァンチュラです。
声も明らかに別人の吹き替えでしょう。
ヴァンチュラのあの渋い声が聞けないのは残念です。
ギャバンの英語は別人かどうか判断がつかないくらい本人に近い声で、ヴァンチュラほどの違和感は感じません。
ドロンの英語はおそらく本人でしょう。
実際、ギャバンとドロンはハリウッド映画に出ていた経験がありますから、本人の英語であっても不思議ではありません。

と、いきなり作品の内容、ストーリーよりも音声に関することばかり書き連ねてしまいましたが、このフランス三大スターが揃った唯一の大作が英語音声というのは、どうしても納得いかないからです。
ただ、英語のセリフに口の動きがよく合っているようにも感じましたので、英語での配給をもともと念頭に置いて撮影されたのかもしれません。
アメリカ資本が入った映画なので(20世紀フォックス配給)、この点は仕方なかったのかもしれません。
作品の面白さは改めて言うまでもありませんし、国内盤DVDの画質もとてもキレイでしたから、フランス語音声にこだわらない方にはこのDVDは自信を持ってオススメできます。

image149.gifフレンチ・ノワールを代表する三人の名優が出演したこの映画の原作者は、あの『男の争い』(ジュールス・ダッシン監督)の原作者であり、メルヴィルの『賭博師ボブ』の台詞も担当していた、あのオーギュスト・ル・ブルトン
脚本にはジョゼ・ジョヴァンニが加わり、また、撮影にアンリ・ドカというフレンチ・ノワールを支えた豪華なスタッフが揃っています。
事実、フィルム・ノワールの大作との世評も高い作品ですが、改めて観ますと、フィルム・ノワール的な雰囲気や緊張感は希薄に感じます。
夜の場面がほとんどないせいでしょうか。
もっとも、脚本を担当した(共同)ジョゼ・ジョヴァンニは、監督のアンリ・ヴェルヌイユが勝手に脚本を変えてしまうので、大いに不満だったそうです。
そのことで20世紀フォックスを通じて抗議したが、受け入れられなかったとのこと。
エンニオ・モリコーネの音楽もアクション映画風で、ノワール的ではありません。
ただ、これはこれで映画にはよく合っており、音楽そのものも魅力的です。(私はサントラCDも持ってます)

豪華なメンツが揃ったキャストでは、アラン・ドロンの二枚目ぶりが際立っています。
髪を振り乱してのアクションシーンの数々は大きな見もの。
リノ・ヴァンチュラ演じる刑事の禁煙のエピソードは、ユーモラスなタッチを作品に加えています。
そして、この二人を向こうにまわしても、ジャン・ギャバンの重厚な存在感はやはり凄い。
旧友のトニーと空港で待ち合わせするシーンや、二つに破ったお札が一致するエピソードなど、印象的でした。
ギャバンとヴァンチュラによるラストシーンはいかにもフランス映画的で堪能できましたが、名優三人並び立つ場面が一つもないのは、やはり残念です。

他には、ジャンヌ役のイリナ・デミックの色気や下世話な感じも良かったですし、メルヴィルの『リスボン特急』で冒頭の銀行強盗のシーンで行員に撃たれるギャングを演じていたアンドレ・プッスが、『シシリアン』では偽造パスポート用のカメラマン役で出ています。(ヴァンチュラに殴られる役)
あと、『サムライ』のピアニスト役だったカティ・ロジェが、この作品では、NYのドロンの部屋に飾られた大きなポスターにて登場しています。
そのポスター自体はストーリーとは何の脈絡もないので、ドロンが絡んでいる点からも、『サムライ』へのオマージュと受け取れないこともありませんが、どうなのでしょうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
アメリカ映画なのでしょうか?
マサヤさん、お邪魔します。
わたしもノワールというよりアクション映画という印象でした。
でも、とても好きな作品です。
>英語音声なので、ギャバン、ドロン、ヴァンチュラが英語でセリフをしゃべる・・・
残念であるとは言え、英語版が基本的に20世紀フォックスのオリジナルなのでしょうね。
映画の特徴からもフランス映画というより、ハリウッド作品として割り切る見方もしかたがないのかなあ?「パリは燃えているか」もそうですよね。
わたしが好きなシーンは、ドロンが売春宿で、ヴァンチュラからすんでのところで逃げるところ、ドロンが妹と別れるところ、ドロンがアメリカでギャバンに裏切られたことがわかるところ、そして、ヴァンチュラに連行されるラスト・シーンのギャバンなど・・・。
「あの胸にもういちど」はドロンをもう一度英語圏で売り出そうという戦略もあったと聞きます。そしてブロンソンとの共演。
「ジェフ」、「ボルサリーノ」もアメリカ資本ですし、ドロン作品での純粋なフランス映画のほうが少ないように思います。
ファンとしては、ドロンのプロダクション設置もこの時期で、その因果関係も興味のあるところです。
では、また。
トム(Tom5k) URL 2008/11/30_Sun_12:57:28 編集
音楽も好きです♪
マサヤさん
TBありがとうございました<(_ _)>
『悪魔のようなあなた』『さらば友よ』も英語版と仏語版が存在してますから
この時代
『シシリアン』も両方製作されたのでしょうね
勿論3作品ともドロンさんはご本人のお声だと私も思いますよ

マサヤさんが今回購入された邦版『シシリアン』は英語でしたが
私は吹替え版を観たことが無かったので買いました!
音楽も印象的ですよね♪珍しく私もサントラ盤を購入
かなり聞き込んでおります^^v
こちらも些細な記事ですがTBさせていただきます
Astay 2008/12/01_Mon_13:19:08 編集
全てが豪華!
ギャバン&ドロンがハイジャック、ヴァンチュラが禁煙しながらイライラする警部…
建設中の道路に飛行機着陸させちゃうスケールの大きさ、キャストもストーリーも全てが豪華。間違いなくハリウッド的な作品ですね。
しかしドロンを射殺した後のギャバン&ヴァンチュラの絡みのシーンで穴の開いたコートを見るあたりはやっぱフランスの香りがします。
中学の頃 荻さんの「月曜ロードショー」で観て興奮したのを今でも思い出します。
ジュリアン 2008/12/01_Mon_18:36:26 編集
ハリウッド配給
トムさん
コメント&TBありがとうございます。
やはりノワール的要素は薄いですよね。
でも、ノワールでないからこその面白さなのかもしれません。
トムさんがご指摘になったいくつかのシーンは、私も印象に残りました。

>「あの胸にもういちど」はドロンをもう一度英語圏で売り出そうという戦略もあったと聞きます。

そうなんですか。
英語圏での成功もまだ捨てていなかったということなのでしょうかね。
『ジェフ』は未見なので分かりませんが、『ボルサリーノ』は確かパラマウントでしたよね。
マサヤ@管理人 URL 2008/12/01_Mon_22:02:23 編集
本人の声
Astayさん
コメント&TBありがとうございました。
今回観直して驚いたのはセリフの口元が英語によく合っていることでしたが、英語版と仏語版両方撮られたのでしたら納得です。
やはり、ドロンの声は本人ですよね。

日本語吹き替えもまだ観ておりませんが、楽しみです。
ちなみに、この映画のサントラはほとんどジャケ買いでした。(三人が銃を構えている写真)
マサヤ@管理人 URL 2008/12/01_Mon_22:07:49 編集
フランス映画の香り
ジュリアンさん
コメント&TBありがとうございました。
穴の開いたコートはいいですよね。
ご指摘通り、映画全体はハリウッド的な作りなのですが、あのシーンはホントにフランス映画の香りがしました。
ハイジャックのシーンで、コックピットでサングラス姿で無言のまま立ったギャバン、ドロンの二人も迫力満点でした。
マサヤ@管理人 URL 2008/12/01_Mon_22:11:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『シシリアン』②~フランス製フィルム・ノワールの作家ジョゼ・ジョヴァンニ~
 「スクリーン」誌か、「ロードショー」誌か、さらにその発売年月号も忘れてしまっており、手元にあるのは当時の切り抜きのみですが、そこには、アラン・ドロンの熱烈なファンであった映画評論家の南俊子さんが書いた「ドロン映画のワースト・テン」としての記事が掲載されています。そこでは『ジェフ』と『悪魔のようなあなた』と、この『シシリアン』を「シナリオがまずかったと思うもの」とした短評がコメントされています。  『シシリアン』のシナリオは、その監督でもあるアンリ・ヴェルヌイユと、『冒険者たち』の原作者およびシナリ...
URL 2008/11/30_Sun_12:32:05
『シシリアン』(1969・仏)
 [[attached(1)]] === シシリアン LE CLAN DES SICILIENS/THE SICILLIAN CLAN === 【出演】Jean Gabin,Alain Delon,Lino Ventura,Amedeo Nazzari 【監督】Henri Verneuil 【役名】Roger Sartet パリに住むシシリア生まれのマフィアの顔役ヴィットリオ(G・ギャバン)は 殺し屋サルテ(A・ドロン)から贈られた 膨大な値打ちのスタンプコレクションの返礼...
URL 2008/12/01_Mon_13:21:06
ベリーベストのドロン作品… 『シシリアン』
キングのベリーベストのネタが続きます このシリーズではドロンの作品も数枚紹介されてた 『太陽がいっぱい/太陽はひとりぼっち』 『地下室のメロディー/太陽は傷だらけ(ロベール・オッセン)』 『若者のすべて/甘い生活(マルチェロ・マストロヤンニ)』 『シシリアン/ハロー・グッドバイ(マイケル・クロフォード)』 『現金に手を出すな(ジャン・ギャバン)/ボルサリーノ(本当は『ボルサリーノ2』)』 今回紹介するのは『シシリアン』のジャケット セロテープで補修してるところが時代を感じ...
URL 2008/12/01_Mon_18:37:03
[200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ