忍者ブログ

ジャン=リュック・ゴダール監督の『アルファヴィル』を国内盤DVDで観た感想です。

image159.gifALPHAVILLE』(65年)
監督:ジャン=リュック・ゴダール
製作:アンドレ・ミシュラン
脚本:ジャン=リュック・ゴダール
撮影:ラウール・クタール
音楽:ポール・ミスラキ
出演:エディ・コンスタンティーヌ、アンナ・カリーナ、ラズロ・サボ、ハワード・ヴェルノン、エイキム・タミロフ

個人的に、60年代ゴダールの中でも好きな作品の一つです。
といっても、ゴダールといえばほとんど60年代の作品しか観ておりませんが…。

映画そのものも、真面目なんだかシャレなんだか分からない、ほとんどお遊びの部類に入るような内容ですが、“元気です、ありがとう、どうぞ”という挨拶に象徴されたゴダールらしい言葉遊びなど、独自のアイデアに満ち溢れた作品。
とりわけ、プールの処刑シーンは印象的で、あのパラパラという拍手がたまらない。

ソフト帽にステンカラーコートというエディ・コンスタンティーヌの出で立ち、映像の雰囲気、映画のタッチはほとんどフィルム・ノワール。
そして、SF映画というわりには、どこか徹底しきれていない、俗に言うB級臭さというか安っぽさがありますが、そこがかえって魅力的なのかもしれません。
他のゴダール作品同様、話の内容はよく理解できませんが…。

この作品の好悪は、コンピュータα60の声をどう感じるかによるところも大きいのではないでしょうか。
あの声は、あまりにアクが強いので、好きだという人はほとんどいないでしょう。
私は何度か観る間にだんだんと気にならなくなってきましたが、久々に観直してみると、やはりちょっと抵抗感はあります…。

image161.gifそれにしても、ラウール・クタール撮影によるモノクロ映像が例えようもなく美しく、とりわけ、夜のパリの街のロケ撮影が素晴らしい。
コンピューターの言っている内容やストーリーもよく分からなくても、この映像美を観ているだけでも、この作品は充分に魅力的です。

魅力的といえば、この映画のアンナ・カリーナも、他のゴダール作品同様、いやもしかするとそれ以上に魅力的。
彼女がらみでは、どこもかしこも印象的な、絵になるカットばかりです。
レミー・コーション役のエディ・コンスタンティーヌとのコンビぶりも良。

また、ポール・ミスラキの音楽も素晴らしい。
観る者の不安感を煽るような音楽だったり、安っぽいサスペンス映画風の音楽だったりするかと思うと、突如プッチーニのオペラのような甘美なメロディが流れたりする凄さ。

image160.gifところで、ブラウン教授役の俳優は、メルヴィルの監督作品『海の沈黙』(47)でドイツ兵を演じていたハワード・ヴェルノンです。
この人は、ゴダールが好いていたメルヴィルの監督作品『賭博師ボブ』(55)にも出演しています。
また、この時期のゴダール作品によく出演しているラズロ・サボもワンシーンに出ていますし、あのジャン=ピエール・レオーもワンシーンに出演しています。

国内盤DVDの画質ですが、このメーカーにしてはマシな方ではないでしょうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
やはりレオー君でしたね
『アルファヴィル』・・・不思議な作品でした

ゴダール監督作品には色んなアンナが登場しますが
その中でも特に綺麗に描かれていたような・・・
役柄から感情を持たないお人形さんのような表情が
彼女の美しさを際立たせていたように感じました
衣装も可愛かったですよね^^v
ジャン=ピエール・レオー君!
見たような気がしたのですが、、、間違いなかったですね、、良かった~
Astay 2008/12/08_Mon_11:54:05 編集
アンナ
Astayさん
コメント&TBありがとうございます。

>感情を持たないお人形さんのような表情

アンナ、そんな感じでしたねー。
お化粧は濃い目ですが、あえて非人間的(?)なイメージを表していたのでしょうか。

レオー氏、確かルームサービスを持って来るだけの役でした。
マサヤ@管理人 URL 2008/12/08_Mon_23:19:01 編集
一番美しいアンナ
『アルファヴィル』のアンナって一番美しいと思います。モノクロ画面、無表情な役柄ながらこの作品を初めて観た時はビビッと来ちゃいました。
「元気です…」 あの暗号のように響く言葉は結構クセになりますね。ポール・ミスラキの冒頭に流れる重々しいテーマはかなりインパクトありますし、「愛のテーマ」はアンナの美しさを引き立たせる名曲です!
ジュリアン 2008/12/11_Thu_20:24:03 編集
無表情
ジュリアンさん
コメント&TBありがとうございます。

やはりこの作品のアンナはとりわけ美しいですよね!
無表情がこれほど魅力的な女優は少ないように思います。
ポール・ミスラキの音楽も大変良かったです。
マサヤ@管理人 URL 2008/12/12_Fri_00:51:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ゴダール監督作品『アルファヴィル』(1965年)
===== アルファヴィル Alphaville (1965・仏/伊)☆☆☆ ===== 監督:脚本:原作:ジャン・リュック・ゴダール 出演 :エディ・コンスタンティーヌ 、アンナ・カリーナ、ラズロ・サボ 、アキム・タミロフ 1984年 左利きの探偵レミー・コーション(E・コンスタンティーヌ)は 地球から9000キロはなれた星雲都市アルファヴィルに新聞記者として潜入 アルファヴィルはα60というコンピュータによって支配され 背番号化された人々は感情の働きを封殺され 愛の...
URL 2008/12/08_Mon_11:20:30
アラン・ドロンとの共演観てみたいな… 『アルファヴィル』
 アンナ・カリーナ 初めて観たのはジャン・ポール・ベルモンドとの『気狂いピエロ』 青い海の色が目に焼きつく中、アンナの眩しさが印象に残った 『女は女である』『女と男のいる舗道』『アルファヴィル』『アンナ』…アンナの出演作 どの作品の中でもアンナ・カリーナは目を引く アラン・ドロンとアンナ・カリーナが共演したら… 考えただけでもワクワクする あえて共演作がないままの方が勝手にイメージ出来ていいのかも 個人的に特別アンナが輝いてるなって思うのが『アルファヴィル』 あのゴダール監督のSF 未来都市アル...
URL 2008/12/11_Thu_20:16:40
[206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ