忍者ブログ

ジャック・ドレー監督の『パリ警視J』を国内盤DVD(東北新社)で観た感想です。

56ddec33.jpegLE MARGINAL』(84年)
監督:ジャック・ドレー
脚本:ジャック・ドレー、ジャン・エルマン
撮影:ザヴィエ・ショワルツェンベルガー
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ジャン=ポール・ベルモンド、ヘンリー・シルヴァ、ピエール・ヴェルニエ、チェッキー・カリョ、ジャン・エルマン

初見。
ジャン=ポール・ベルモンドが破天荒な刑事役を演じるアクション映画。
原題は“はみ出し者”とかいう意味らしく、ベルモンド演じる刑事のことを指しています。
国内盤DVDは現在廃盤ですが、廃盤の割にはAmazonでほぼ定価で入手できました。

先日HPでも紹介した雑誌『映画秘宝 2009年2月号』の特集記事の中で『フレンチ・フィルム・ノワール傑作選20!』に選出されている作品ですが、実際に観てみますと、フィルム・ノワールといった雰囲気は残念ながら薄く、あくまでベルモンド主演のアクション映画といった感じです。
作風もベルモンド主演作らしい明るさがあります。

映画としては、ストーリーにもう一つ奥行きがなく、ラストの盛り上がりにもどこか物足りなさが残りますが、とにかくベルモンド一人の魅力に負うところ大の映画。
『映画秘宝』によると、ベルモンドの派手なスタントの観られるほとんど最後の作品とのことですが、実際、この映画のベルモンドはまだまだ充分にカッコ良く、彼のファンなら、まずは満足できる作品なのではないでしょうか。
とりわけ、モンマルトルの場末のバーでの殴り合いの喧嘩シーンは最高。

エンニオ・モリコーネの音楽は、映画のトーンよりは少々湿っぽい感じがしますが、充分に魅力的。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ベルモンド
マサヤ様
私はこの作品が映画館でベルモンドを見た初めての作品で、
ベルモンド本人の声が故山田康夫氏とは似ても似つかぬとても高いトーンだったのに驚いた記憶があります。

書かれているように二人の悪漢をたたきのめすバーのシーンは最高ですね。
ベルモンドの派手なスタントはこの後の作品でもたくさんありますので、
『映画秘宝』の記者はあまりベルモンドの映画を見ていない人なのでしょう。
チェイサー 2009/01/20_Tue_23:47:11 編集
理屈抜き
チェイサー様
仰る通り、ベルモンド本人の声は、テレビの山田康雄氏の吹替えのイメージとは違いますよね。

バーのシーンにご賛同いただけて嬉しいです。
他にも良いシーンが満載なので、ベルモンド・ファンには理屈抜きで楽しめる作品だと思います。
それと、やはり『映画秘宝』の記事はヘンですよね…。
マサヤ@管理人 URL 2009/01/21_Wed_00:14:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[232] [231] [230] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 マサヤ@管理人]
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ