忍者ブログ

アンリ・ヴェルヌイユ監督の『冬の猿』を国内盤DVD(東北新社盤)で観た感想です。

98eca00e.jpegUN SINGE EN HIVER』(62年)
監督:アンリ・ヴェルヌイユ
原作:アントワーヌ・ブロンダン
脚色:フランソワ・ボワイエ
台詞:ミシェル・オーディアール
撮影:ルイ・パージュ
音楽:ミシェル・マーニュ
出演:ジャン・ギャバン、ジャン=ポール・ベルモンド、シュザンヌ・フロン、ガブリエル・ドルジア、ポール・フランクール
 
2度目の鑑賞。
ずっと観直したかった作品の一つ。
意外にもギャバン、ベルモンド唯一の共演作となった作品で、この二人が出ているせいでしょうか、たまに、“フィルム・ノワール”に分類されることもある作品ですが、実際は全くそういった要素は感じられず、同じアンリ・ヴェルヌイユ監督の『ヘッドライト』(55)あたりと共通するような、いかにもフランス映画らしい風情のあるいい作品だと思います。

ストーリー的には特にどうってことないのですが、なんといっても主演の二人が素晴らしい。
二人の酔っ払いぶりも最高で、とにかく彼らの一挙手一投足が魅力的な作品です。
ギャバンもこの作品でのベルモンドの演技を絶賛していたらしく、二人の共演がこの作品だけになってしまったのは意外でもあり、また、いかにも残念な気がします。
また、ギャバンの妻役のシュザンヌ・フロンも魅力的で素晴らしい。

舞台となった冬のノルマンディーの海辺の風景も印象的。
ミシェル・マーニュの音楽も印象的ですし、さり気ないラストも好み。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
花火!
何故この作品が長い間日本未公開だったんでしょうかね? 不思議でした。ギャバン&ベルモンドって名前だけでももっと早く公開できたやろうに… 仰るとおり二人の酔っ払いぶりは最高ですし、花火を打ち上げ大騒ぎするシーン大好きです。完全に子供、ギャバンのハジケぶりに驚いたものです。マーニュの音楽もラストシーン同様 地味ながら味わい深い名曲です!
ジュリアン 2009/01/14_Wed_11:04:41 編集
冬の猿!
ジュリアンさん
コメント&TBありがとうございます。
ホントこの作品が長い間日本未公開だったなんて意外ですね。
ご指摘の花火のシーンも最高です。
マーニュの音楽も含め、印象こそ地味ですが、素晴らしい映画だと思います。
マサヤ@管理人 URL 2009/01/15_Thu_01:06:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ギャバン&ベルモンド唯一の…『冬の猿』
ジャン・ギャバンとジャン・ポール・ベルモンドの共演ってこれだけ! 今、考えると不思議 1962年作品の『冬の猿』 劇場未公開で’76年に亡くなったギャバンの没20年目(’96年)にやっとこさ公開 ”冬の猿”とは… 冬になると迷い猿が人里に下りて来るっていう中国の話から ノルマンディー地方の寒村 ”人生の冬”を迎えようとしているホテル経営者の カンタン(ギャバン)は泥酔して海軍時、中国での冒険話を繰り返す日々  空襲の日カンタンは妻に酒を止めると誓う 酒を出さないカンタンのホ...
URL 2009/01/14_Wed_11:05:16
[226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[12/16 マサヤ@管理人]
[12/14 mon]
[12/04 マサヤ@管理人]
[12/02 アキ]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ