忍者ブログ

オットー・プレミンジャー監督の『堕ちた天使』を国内盤DVD(ブロードウェイ『オットー・プレミンジャー傑作選 DVD-BOX』)で観た感想。

FALLEN ANGEL』(45年)
監督:オットー・プレミンジャー   
脚本:ハリー・クレイナー 
撮影:ジョセフ・ラシェル   
出演:ダナ・アンドリュース、アリス・フェイ、リンダ・ダーネル、チャールズ・ビックフォード、アン・リヴェール
 
初見。
オットー・プレミンジャー監督とダナ・アンドリュースといえば『ローラ殺人事件』(45年)がなんといっても有名だが、ほぼ同時期にこんな映画も撮っていたとは。
しかし、出来栄えは『ローラ』に比べたらかなり落ちる。

映画の雰囲気は悪くないが、ダナ・アンドリュースの役柄があまりに自分勝手な男で感情移入できないし、女優陣も魅力は今一つ。
脚本自体にも疑問が残る。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[740] [739] [738] [737] [736] [735] [734] [733] [732] [731] [730]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
忍者AdMax
アーカイブ