忍者ブログ

Criterion盤DVD仁義』の特典映像に収録されている『Excerpts from Morceaux de bravoure』と題されたジャン=ピエール・メルヴィル監督のインタビュー映像を翻訳して何回かに分けて紹介します。
これは、フランスのテレビ局に残された映像らしく、放送日が1973年5月7日と、メルヴィル監督の最晩年の姿が記録された貴重なものです。(監督はこの年の8月2日に他界)

インタビュアーの名前は不詳ですが、映像の冒頭に“Directed by : Jean-Paul Sassy”とクレジットがありますので、もしかしたら、この人かもしれません。
ちなみに、Jean-Paul Sassyは、あの『死刑台のエレベーター』のスクリプターも務めており、50年代はアンドレ・カイヤット監督の『裁きは終わりぬ』などで助監督、60年代以降は主にTV映画の監督を務めている人のようです。 

ここでは、『仁義』の知られざる製作秘話が語られます。


image116.gif質問: ジャン=ピエール・メルヴィルさん、アメリカ映画に対するあなたの情熱を知らぬ者はいません。
あなたに影響を与えたアメリカ映画、ポリス・スリラーはありますか?
また、あなたに影響を与えたそれらの映画の古典的なシーンはありますでしょうか?

メルヴィル(以下M): 私に影響を与えたと言う以前に、私を最も魅了した2本のアメリカのポリス・スリラーがあるんだ。
24年前のとても古い映画だが、『アスファルト・ジャングル』と、もう少し新しいものでは1959年の映画『拳銃の報酬』の2本だよ。
(訳注:『アスファルト・ジャングル』1950年の映画で監督はジョン・ヒューストン、『拳銃の報酬』の監督はロバート・ワイズ)
「古典的なシーン」について言えば、最初に挙げた『アスファルト・ジャングル』での、宝石店強盗シーンがそうだね。

私は1951年にこの映画を観た。
しかしながら、1950年の夏、午前3時にヴァンドーム広場を散歩していた時、私は映画でブシュロン宝石店からの強奪シーンを描くことができないだろうかと考えていたんだ。
その当時、 モーブッサン宝石店は、まだヴァンドーム広場で営業を始めてなかったのでね。
(訳注:『仁義』ではヴァンドーム広場のモーブッサン宝石店が襲われる)

私はラ・ペ通りをぐるりと回り、ダニエル・カサノヴァ通りに出た。
そしてカサノヴァ通りのロビーの入り口の全ての呼び鈴を押したのさ。
7番目か8番目の建物で、ドアは開いた。
私は1つの中庭を横切り、そして次の中庭を渡った。
私はいくつかの階段を見つけ、それらを登った。
上まで登ると、屋根に通じている天窓と、壁に向かって掛けられている梯子を見つけた。
私は梯子を天窓のある小さい屋根裏の下に置くと、その梯子を上り、天窓を開けて、ブシュロン宝石店の屋根に這い出たんだ。
だから、映画でブシュロン宝石店の強奪シーンを描こうとするなら、この中庭を通らせようと思ったのさ。
おそらく通常なら、バスルームを通ろうとするだろう -  パリの大部分の建物の設計に従えばね。

友人と一緒に出かけた、この夜の探検旅行の後、実際、私は家に帰ってから『仁義』の宝石店強盗の全体のシーンの脚本を書いた。
それは夏だった…1950年8月のことだ。
ところが、1950年の終わり、あるいは1951年早くに、『アスファルト・ジャングル』という、宝石店が強盗に襲われる映画が公開された。
当然、私はすでに書き始めていた脚本を脇に置いて、そして、『アスファルト・ジャングル』が人々の記憶から消え去るまで、何年もの間それに触れないことに決めたんだ。

ところが、その2年か3年後に『男の争い』が公開された。(訳注:1955年の映画で、監督はジュールス・ダッシン)
宝石店でのもう一つの強盗事件を描いた映画だ。
このことが、『仁義』を1970年へと追いやったんだ。
撮るまでに20年かかったんだよ。
20年の間、私はこの2つの映画のために宝石店強盗を撮らなかったんだ。
このことからも、優れたアメリカのポリス・スリラーを観ることが、私にとって、いかに大きな影響を与えたかが分かるだろうね…なにせ自分の撮りたい映画を撮ることを阻止したんだからな。


この項続く。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ