忍者ブログ

ロバート・モンゴメリー監督の『湖中の女』を国内盤DVD(ジュネス企画)で観た感想。

THE LADY IN THE LAKE』(46年)
監督:ロバート・モンゴメリー 
原作:レイモンド・チャンドラー 
脚本:スティーヴ・フィッシャー 
撮影:ポール・C・ヴォーゲル 
音楽:デヴィッド・スネル
出演:ロバート・モンゴメリー、オードリー・トッター、ロイド・ノーラン、トム・テューリー、レオン・エイムズ、ジェーン・メドウズ

 
初見。
このところレイモンド・チャンドラーの小説を読み返していて、『湖中の女』『高い窓』『プレイバック』『かわいい女』の順で読み進んでいる。
どれも実に面白かったのだが、中でも個人的に良かったのが『湖中の女』であった。

それだけに、この映画は楽しみだったが、映画化に際して原作にあったかなりの部分がカットされてしまっており、正直、原作ほどの面白さはない。
なんでも、チャンドラーが自ら書いた脚本は長すぎてボツになり、他の脚本家のものに代えさせられてしまったのだという。
原作では湖からの死体発見シーンがワクワクするような面白いところなのだが、この映画では湖のシーンがすべてカットされてしまっているのでタイトル倒れの感すらある。
また、主演のフィリップ・マーロウ役と監督を務めたロバート・モンゴメリーの視点でカメラが動き、映画が進行するというのはこの映画のユニークな特徴だが、必ずしも成功とまではいえないような感じだ。

とはいえ、映画のタッチはこの時代の典型的なフィルム・ノワールのそれで、映画の雰囲気は大変魅力的だ。
もしかしたら、原作を読まずに映画を観ていたら、もっと楽しめた映画なのかもしれない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ